MOVIE

松尾太陽(超特急・タカシ) 映画「一週間フレンズ。」完成披露試写会!


松尾太陽出演映画「一週間フレンズ。」完成披露試写会が、1/12(木)丸の内ピカデリーにて行われ、監督・キャストと共に松尾が登壇した。

同作は、シリーズ累計170万部を突破する葉月抹茶さんの大人気コミックの映画化で、毎週月曜日になると友達のことを忘れてしまう少女・藤宮香織と、初めて彼女に会った日から惹かれ、何度忘れられても思い切って「友達になってください」と思いを伝え続けるクラスメート・長谷祐樹が織りなす切なくも淡い恋物語。4コマ漫画とストーリー形式漫画のミックスという独自な形態でありながら、14年にTVアニメ化、さらに同年、舞台化もされ大反響を呼ぶと共に、今世紀いちばん泣ける純愛(ピュアラブ)として、世代を超えて多くのファンから愛され続けている。

高校2年の長谷祐樹(山﨑賢人)は、初めて会った日から惹かれていた同級生・藤宮香織(川口春奈さん)に、思い切って「友達になって下さい」と声をかける。が、香織は必死で祐樹を拒む。実は彼女には、“友達のことを一週間で忘れてしまう”という記憶障害があった。それでも香織のそばにいたいと願い、毎週月曜日、記憶がリセットされるたびに、香織に会いに行く祐樹。二人は交換日記を始めて、少しずつ距離を縮めていく。そんなある日、香織の過去を知る転入生が現れてー。

松尾は、香織、祐樹と同じクラスで、祐樹の親友・桐生将吾を演じる。

上映前舞台挨拶に登壇した松尾は、「桐生将吾を演じました、松尾太陽です。今日はぜひとも楽しんでいってください。」と挨拶。すると山﨑から「あの自己紹介は?」と促され、「タカシやでっ!です。よろしくお願いします!」と超特急でおなじみの挨拶を披露し、会場を沸かせた。

さらに、映画タイトルの一週間(7日間)にちなみ、7秒で今年の抱負をボードに書き発表するコーナーが行われ、松尾は『挑戦☆』と笑顔で発表。また、撮影現場でも仲が良かったという共演者同士だからこそ知っているお互いの素顔や撮影時のエピソードが披露され、最後まで和やかな雰囲気のまま舞台挨拶は幕を閉じた。

映画「一週間フレンズ。」は、2/18(土)全国ロードショー!
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク