shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

林遣都 映画「劇場版 おっさんずラブ LOVE or DEAD」大ヒット御礼ファン感謝祭!

林遣都出演映画「劇場版 おっさんずラブ LOVE or DEAD」大ヒット御礼ファン感謝祭が、9/4(水)TOHOシネマズ日比谷で行われ、田中圭さん、瑠東東一郎監督とともに林が登壇した。

モテない独身ダメ男・春田創一と、誰もが憧れる理想の上司・黒澤武蔵、イケメンでド S な後輩・牧凌太の三角関係をピュアに描いたラブコメディ『おっさんずラブ』。
2018 年 4 月クール(テレビ朝日系列/土曜 23 時枠・全 7 話)で放送されるや“はるたん”こと春田創一を巡って繰り広げられるおっさん同士の恋模様に笑いながらも、あまりのピュアな愛に心を打たれる視聴者が続出、最終話放送終了後は“おっさんずロス”の声が相次いだ。
2018年新語・流行語大賞トップ10、Twitter世界トレンド第1位獲得、日本中に社会現象を巻き起こした『おっさんずラブ』が待望の映画化。8/23(金)よりドラマ版からのシリーズ完結編として、全国314館/325スクリーンで公開となり、動員は早くも50万人を突破。劇場はドラマ版からの熱狂的な「O(おっさんず)L(ラブ)民(ファン)」、通称“OL民”待望の映画化ということもあり、リピーター続出の大ヒットスタートを記録している。

この日の舞台挨拶は、全国30劇場で生中継を実施。舞台挨拶に登壇した林は、「会場の皆さん、全国でこの模様をご覧の皆さん、こんばんは。今日は平日のお忙しい中、お集りいただきありがとうございます。一緒に楽しい時間を過ごしてください。よろしくお願いします。」と挨拶。

大ヒットスタートということで、周りの反響について聞かれると、「俳優仲間やお仕事関連の方の声はもちろんいただくのですが、親戚や家族も観に行ってくれたみたいです。僕は地元が滋賀県で、普段映画館が混雑するような地域ではないと思っているのですが、初日は満員だったようで、母が観に行ったときは目の前に担任の先生がいらして、身内のいろいろな人が観に行ってくれているのがすごく嬉しいです。」と笑顔を見せた。

また、ファンの方からの質問に答えるコーナーも行われ、演じていて一番難しかったシーンはどこですか?という質問に、「花火のシーンは皆で話し合いました。ドラマから劇場版になる一年間を埋めていくところから始まって、やっぱり春田と牧がぶつかるシーンはすごく悩みましたし、撮影前から(劇場版キャストの)狸穴迅さんや山田ジャスティスが入ってきたからぶつかるということではない、もっと深いところでやりとりしたいということを話していました。結果的に、瑠東さんが僕が考えてきた以上のことを話してくれて“最高のシーンだったと思う”と言ってくれたので、苦労しましたが印象深いシーンです。」と明かした。

この日が今作最後の舞台挨拶ということで、共演の田中圭さんへメッセージを求められると、「僕のダメな部分も全部ひっくるめて、人として付き合ってくれて、圭くんの周りの良い人間関係がすごく好きなので、私生活でも仲良くさせていただいていますし、本当に良い出会いだったと思います。牧が多くの人に愛してもらえる役になったのは、圭くんが環境を作ってくれたからですし、牧を作ってくれたのは春田さんだと思っています。こういう設定の物語は本当に大変だと思いますが、相手が俳優田中圭さんだったから違和感なく、構えることなく、やってこれました。春田の役は、ずっと俳優業を積み重ねてきた人しかできないと思いますし、自分もいつか圭くんがやっているようなことをやりたいと思いながらこの仕事をしていて、本当に尊敬しています。」と力を込めた。

さらに田中さんとの印象に残っている出来事について話がおよび、「連続ドラマの撮影が始まってすぐ、圭くんがやっていた舞台を観に行かせていただいて、楽屋に挨拶に行ったとき、“このあと何か予定あるの?”と聞かれて、正直体調が悪かったのですが“ないです”と言ったら、“じゃあ、これから遊びに行く?”と誘われたことを今でも鮮明に覚えています。そういう誘われ方は初めてだったので、変わった人だな、なんか面白そうな人だなと興味がわいてご飯に行きました。その時間が、今思うと良かったと思っていて、自分をさらけ出すことが出来て、積み重ねてきたものを思いっきり出していい現場なんだなという想いが出て、牧が出来ていったと思っています。作品に関わった方には感謝していますが、圭くんに一番感謝しているということを伝えたいです。ありがとうございました。」と話すと、会場から拍手が沸き起こった。

映画「劇場版 おっさんずラブ LOVE or DEAD」は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!

【STORY】
永遠の愛を誓ったあの日から1年が過ぎ、上海・香港転勤を経て帰国した春田創一(田中圭)。久しぶりに戻ってきた天空不動産東京第二営業所では、黒澤武蔵(吉田鋼太郎)をはじめ、お馴染みのメンバーが顔を揃え、最近配属された陽気な新入社員・山田ジャスティス(志尊淳)も加わり春田を歓迎する。そんな彼らの前に、天空不動産本社のプロジェクトチーム「Genius7」が突如として現れ、リーダーの狸穴迅(沢村一樹)は、本社で新たにアジアを巻き込む一大プロジェクトが発足し、東京第二営業所にもその一翼を担うよう通告する。その隣には、本社に異動しチームの一員となった牧凌太(林遣都)の姿も…。何も知らされておらず動揺する春田だが、本社と営業所の確執が深まるほどに、牧との心の距離も開いてゆく。一方、コンビを組むことになったジャスティスは兄のように春田を慕い、さらには黒澤もある事故がきっかけで突然“記憶喪失”に…!しかも忘れたのは春田の存在のみ。…え、どゆこと?そんな記憶喪失あんの!?混乱する春田をよそに、黒澤は“生まれて初めて”春田と出会い、その胸に電流のような恋心を走らせてしまい…。そんな中、天空不動産を揺るがす前代未聞の大事件が発生!それに巻き込まれた春田にも最大の危機が迫る。果たして、春田の運命は…!?笑って泣けるこの夏最高のエンタテインメント!おっさんたちの愛の頂上決戦<ラブ・バトルロワイアル>が、ついに幕を開ける。
(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top