shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

板垣李光人 映画「ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~」完成記念トークイベント!

板垣李光人出演映画「ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~」の完成記念トークイベントが1/20(水)ユナイテッド・シネマ豊洲で行われ、監督・キャストと共に板垣が出演した。

同作は、オールナイトニッポンi(ニッポン放送)にて配信中のwebラジオ番組「おしゃべや」に出演している番組パーソナリティ10名がスタジオを飛び出し、神奈川県伊勢原・大山にある小さなラジオ局を舞台に、もがきながらも成長する姿を、懐かしいJ-POPとともに描いたオリジナル青春ストーリー。

「ラジオしか勝たん!!」
10名の“ワケアリ”男子が共同生活開始―?!
夢に破れた10名の若者が自分自身を取り戻すべく、“雨降山”へ集う。
ラジオにかける彼らの思いは、人々を「ツナグ」ことができるのか―!?
往年のJ-POPヒット楽曲カバーに乗せ、彼らの共同生活が今、始まる―。

板垣は、アニメ・ゲーム配信者のセルガを演じる。

当初この日は完成披露舞台挨拶を行う予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オンラインでイベントを実施。板垣は、「今日はこのような形で皆さんのお顔は見えませんが、オンライン上でお会いできるということで、よろしくお願いします。楽しみましょう。」と挨拶。

板垣は、ゆうたろうさんと共に「あふりラジオ」のメインパーソナリティという役どころ。ゆうたろうさんが登山のシーンの撮影を振り返り、“数分しか使われていないが1時間くらい登った”と明かすと板垣も、「山の上に神社のようなものがあったのですが、配信者の役なのでそこに行くまでの道中も動画を回しながら登りました。本編を観たらちょっとだけで、“あれ?”って(笑)。個人的にも頑張りましたし大変だったシーンで、いつ出てくるんだろう思って観ていたら、見逃すくらいちょこっとで…」と心境を吐露。すると川野浩司監督が、“申し訳ないです。最初のほうに撮ったシーンで、空気感をつかむ意味でも長めに撮らせていただきました”と平謝りしていた。

同作では、90年代を代表するJ-POPの数々をキャスト陣がニューアレンジでカバーしている。ゆうたろうさんと歌唱したカヒミ・カリィさんの『ハミングがきこえる』について板垣は、「原曲は、他の方がカバーしているもので元々知っていました。『ハミングがきこえる』を歌うと知った時は、絶妙なラインの、ふたりらしい曲だなと思ってワクワクしました。歌ったものを聞いた時、原曲は女性なので高いですが、あえて男性のキーで歌うのが不思議な感じがして、つかめないところがふたりっぽくて良かったと思いました。」と話した。

そして最後に、「今、繋がるものが途切れざるを得ない状況で、改めて繋がることの大切さだったり、温かさをこの映画から感じていただけると思います。1つの希望のようなものとして、観ていただけたら嬉しいです。あと、ゆうたろう君演じるディジェとの可愛らしさに癒されていただきたいです。本日はありがとうございました。」と笑顔でメッセージを送った。

映画「ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~」は、2/11(木・祝)公開。
ぜひご期待ください!

【ストーリー】
舞台は神奈川県、伊勢原・大山。
この山は別名雨降山(アフリヤマ)と呼ばれている。
かつてあったFMラジオ局を舞台に、観光協会の新たな事業としてインターネットラジオを始めることに。
役者志望、カフェ経営者、人気動画配信者など年齢も職業もバラバラな若者達が、ひとつの募集広告をきっかけに出会いを果たす。
それぞれの得意分野を活かし、始まったインターネットラジオ放送は、流行を取り入れた内容を展開し、順調に滑り出したかのように思われたが…
若者たちは次第に、流行や周りの反応にとらわれすぎて、何をすべきかわからなくなる―
そんななか、かつてFMラジオ局を立ち上げた、一人の豆腐職人との出会いがインターネットラジオ放送局にあるきっかけをあたえる。
果たしてアフリラジオは、過去と同じ轍を踏んで終わってしまうのか、それとも復活できるのか?
  • はてなブックマーク

pagetop

page top