STARDUST SECTION1 スターダストプロモーション 芸能1部

SECTION1

shadow
タイガ

太賀

メディアMEDIA

MOVIE

「来る」
2018/12/07(金)公開
監督:中島哲也
配給:東宝
公式サイト

オムニバス映画「十年Ten Years Japan」
2018/11/03(土)
テアトル新宿ほか全国順次公開
配給:フリーストーン
※「美しい国」(監督:石川慶)主演
公式サイト

「母さんがどんなに僕を嫌いでも」
2018/11/16(金)全国公開
監督:御法川修
配給:REGENTS
※タイジ役
公式サイト

「50回目のファーストキス」
2018/06/01(金)公開
監督:福田雄一
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
※藤島慎太郎役
公式サイト

「海を駆ける」
2018/05/26(土)全国公開
監督:深田晃司
配給:東京テアトル
※タカシ役

「南瓜とマヨネーズ」
2017/11/11(土)新宿武蔵野館ほか全国公開
監督:冨永昌敬
配給:S・D・P
※せいいち 役
公式サイト

「ポンチョに夜明けの風はらませて」
2017/10/28(土)新宿武蔵野館ほか全国公開
監督:廣原暁
配給:ショウゲート
※主演・又八 役
公式サイト

「追憶」
2017/05/06(土)全国公開
監督:降旗康男
配給:東宝
公式サイト

「アズミ・ハルコは行方不明」
2016/12/03(土)新宿武蔵野館ほか全国公開
監督:松居大悟
配給:ファントム・フィルム
※富樫ユキオ 役
公式サイト

「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」
2016/10/22(土)全国公開
監督:山口雅俊
配給:東宝映像事業部=SDP
※甲本 役
公式サイト 

「淵に立つ」
2016/10/08(土)有楽町スバル座ほか全国で公開
監督:深田晃司
★第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門正式出品
公式サイト

「走れ、絶望に追いつかれない速さで」
2016/06/04(土)公開
監督:中川龍太郎
※主演・漣 役
★「第28回東京国際映画祭」日本映画スプラッシュ部門に選出
公式サイト

文化庁委託事業「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2015」
『壊れ始めてる、ヘイヘイヘイ』
東京:2016/03/05(土)~03/11(金)ユーロスペースにて公開
大阪:2016/03/19(土)~03/25(金)シネ・リーブル梅田にて公開
公式サイト

「マンガ肉と僕 Kyoto Elegy」
2016/02/11(木)新宿K's cinemaにて先行上映
2016/02/13(土)全国順次公開
監督:杉野希妃
配給:和エンタテインメント/KATSU-do
※薮野 役
公式サイト

「あん」
2015/05/30(土)全国公開
監督:河瀨直美
配給:エレファントハウス
※陽平 役
公式サイト

「アゲイン 28年目の甲子園」
2015/01/17(土)全国公開
監督:大森寿美男
配給:東映
※ノリ 役
公式サイト

TV

2018/10/14(日)スタート
22:30~
「今日から俺は!!」
日本テレビ
※今井勝俊 役
公式サイト

2018/12/14(金)
23:00~23:30
「アナザースカイ」
※コメント出演
日本テレビ

2018/12/08(土)
18:30~19:00
「満天☆青空レストラン」
日本テレビ

2018/11/28(水)
19:00~21:54
「日テレ系音楽の祭典ベストアーティスト2018」
日本テレビ

2018/11/25(日)
19:00~21:54
「誰も知らない明石家さんま3時間SP 初密着!さんま5つの謎を解禁!」
日本テレビ

7:00~7:30
「ボクらの時代」
フジテレビ

2018/10/14(日)
22:00~22:30
「おしゃれイズム」
日本テレビ

2018/06/25(月)
20:00~
ドラマ特別企画「あにいもうと」
TBS

2018/06/23(土)
16:30~17:00
ドラマ特別企画「あにいもうと」ドラマナビ
TBS

2018/06/02(土)
10:30~11:25
「今夜くらべてみました特別版 トリオTHE『50回目のファーストキス』」
日本テレビ

2018/05/23(水)
23:00~23:30
「チルテレ」
BS日テレ

2018/05/19(土)
23:30~23:59
「植物男子ベランダー」 第6話(再放送)
NHK

10:40~11:00
「男おばさん!!」 #110
フジテレビTWO

2018/04/27(金)
08:45~
M&Oplaysプロデュース「流山ブルーバード」
衛星劇場(CS放送)

2018/04/08(日)
16:00~
M&Oplaysプロデュース「流山ブルーバード」
衛星劇場(CS放送)

INTERNET TV

Huluオリジナル連続ドラマ「山岸ですがなにか」
▼配信スケジュール(全4話、毎週日曜配信)
#1 2017/07/02(日)SPドラマ<前編>放送終了後 配信開始
#2 2017/07/09(日)SPドラマ<後編>放送終了後 配信開始
#3 2017/07/16(日)配信開始
#4 2017/07/23(日)配信開始

STAGE

M&Oplaysプロデュース
『流山ブルーバード』

【スタッフ】作・演出=赤堀雅秋

■東京公演
2017/12/08(金)~27(水)
・会場=本多劇場
・一般前売=10月上旬開始予定
ほか、島根、大阪、広島、静岡、東京・大田区にてツアー公演を予定

・・・・・・・・・・

朗読劇「不帰の初恋、海老名SA」
2017/09/08(金)
テアトル新宿にて上演

EVENT

「美術手帖 9月号」川島小鳥特集 関連トークイベント
2017/09/14(木)
19:30~21:00
会場:銀座 蔦屋書店
https://store.tsite.jp/ginza/event/art/791-1421060902.html

RADIO

2018/11/12(月)
25:00~
「菅田将暉のオールナイトニッポン」
ニッポン放送

DVD

●映画「50回目のファーストキス」
発売日:2018/11/02(金)
豪華版ブルーレイ&DVDセット価格:5,800円(税別)
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

●映画「南瓜とマヨネーズ」
発売日:2018/05/02(水)
価格:豪華版Blu-ray 6,800円(税抜)
価格:Blu-ray 4,800円(税抜)
価格:DVD 3,800円(税抜)
販売元:SDP
【豪華版Blu-ray特典情報】
・スペシャル特典・ブックレット「ツチダとせいちゃん」
・メイキング映像
・イベント映像集
・冨永監督によるスペシャルインタビュー
スターダストショッパーズでご注文受付中!
通販ページはこちら>>

●映画「ポンチョに夜明けの風はらませて」
発売日:2018/04/11(水)
価格:DVD 4,700円(税抜)
販売元:東映㈱

●ドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」
発売日:2017/11/22(水)
価格:Blu-ray 6,800円(税抜)
価格:DVD 5,800円(税抜)
販売元:バップ
スターダストショッパーズでご注文受付中!
通販ページはこちら>>

●ドラマ「レンタルの恋」
発売日:2017/07/26(水)
価格:Blu-ray BOX 14,400円(税抜)
価格:DVD-BOX 11,400円(税抜)
販売元:TCエンタテインメント

●映画「アズミハルコは行方不明」
発売日:2017/06/02(金)
価格:Blu-ray 4,700円(税抜)
価格:DVD 3,800円(税抜)
販売元:TCエンタテインメント

●映画「淵に立つ」
発売日:2017/05/03(水)
価格:Blu-ray(豪華版)5,800円(税抜)
価格:Blu-ray(通常版)4,800円(税抜)
価格:DVD 3,800円(税抜)
販売元:バップ

●映画「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」
発売日:2017/03/22(金)
価格:Blu-ray BOX(豪華版)6,800円(税抜)
価格:Blu-ray(通常版)4,800円(税抜)
価格:DVD-BOX(豪華版)5,800円(税抜)
価格:DVD(通常版)3,800円(税抜)
販売元:SDP
スターダストショッパーズでご注文受付中!
通販ページはこちら>>

●ドラマ「ゆとりですがなにか」
発売日:2016/10/19(水)
価格:Blu-ray BOX 22,000円(税抜)
価格:DVD BOX 17,200円(税抜)
販売元:バップ
スターダストショッパーズでご注文受付中!
通販ページはこちら>>

●ドラマ「恋仲」DVD-BOX&Blu-ray BOX
発売日:2016/01/20(水)
価格:Blu-ray BOX 23,500円(税抜)
価格:DVD-BOX 19,000円(税抜)
販売元:ポニーキャニオン

●映画「禁忌」
発売日:2015/06/03(水)
価格:Blu-ray 4,800円(税抜)
価格:DVD 3,800円(税抜)
販売元: キングレコード

●映画「私の男」
発売日:2015/02/03(火)
価格:Blu-ray 5,200円(税抜)
価格:DVD 4,200円(税抜)
発売・販売元:ハピネット

●映画「MONSTERZ モンスターズ」
発売日:2014/11/05(水)
価格:Blu-ray 5,800円(税抜)
価格:DVD 4,800円(税抜)
スターダストショッパーズでご注文受付中!
通販ページはこちら>>

●映画「スイートプールサイド」D
発売日:2014/11/03(月)
価格:DVD 3,800円(税抜)
販売元: 松竹

●ドラマ「夜のせんせい」
発売日:2014/07/25(金)
価格:DVD-BOX 20,520円(税込)
販売元:TCエンタテインメント

●映画「男子高校生の日常」
発売日:2014/03/19(水)
価格:Blu-ray 4,800円(税抜)
価格:DVD 3,800円(税抜)
販売元:ポニーキャニオン

●映画「人狼ゲーム」
発売日:2013/12/25(水)
価格:DVD 3,990円(税込)
販売元:TCエンタテインメント

●NHK連続テレビ小説「あまちゃん」
【BOX 1】
発売日:2013/09/27(金)
価格:DVD 15,960円(税込)Blu-ray 18,060円(税込)
【BOX 2】
発売日:2013/11/08(金)
価格:DVD 15,960円(税込)Blu-ray 18,060円(税込)
【BOX 3】
発売日:2014/01/10(金)
価格:DVD 19,950円(税込)Blu-ray 22,575円(税込)
販売元:東映株式会社・東映ビデオ株式会社

MAGAZINE

★2017年11月号より連載開始
「菅田将暉と太賀の夢で逢えたら」
毎月19日発売 「CUT」

★2018年11月号より連載開始
「橙 dai-dai」
偶数月1日発売 「EYESCREAM」

★2019年1月号より短期集中連載開始
「いい男って、なんですか?」
毎月12日発売  「GINZA」

2018/11/21(水)
「Maybe!」 Vol.6

2018/11/16(金)
「シティリビング」(フリーペーパー) No.1685

2018/11/15(木)
「BRUTUS」 882

2018/11/13(火)
「週刊朝日」 11月23日号

2018/11/12(月)
「GINZA」 12月号

2018/11/07(水)
「an・an」 No.2126

2018/11/01(木)
「エクラ」 12月号

2018/10/18(木)
「PICT-UP」 2018年12月号

2018/10/15(月)
「POPEYE特別編集 僕の好きな映画。」

2018/10/11(木)
「GQ JAPAN 15周年特別号 ミレニアルズ・カタログ」

2018/10/03(水)
「TV LIFE」 21号

2018/09/28(日)
「CLASSY.」 11月号

2018/09/19(水)
「TVガイド」 9/28号

2018/06/20(水)
「フィガロジャポン」 8月号

2018/06/06(水)
「すばる」 7月号

2018/05/23(水)
「ザテレビジョン」 2018年6月1日号

2018/05/14(月)
「日経パソコン」 5月14日号

2018/05/08(火)
「婦人公論」 No.1494

2018/05/01(火)
「りぼん」 6月特大号

2018/04/26(木)
「CLASSY.」 6月号

2018/04/20(金)
「ONKUL オンクル」 vol.9

2018/03/24(土)
「スカパー!TVガイド BS+CS」 4月号
「スカパー!TVガイド プレミアム」 4月号
「月刊スカパー!」 4月号

2018/03/20(火)
「SWITCH」4月号

2018/02/24(土)
「warp MAGAZINE JAPAN」 4月号

2018/01/15(月)
「花椿」2018年春号(フリーペーパー)

CM

2018/11~
●SONY「プレイステーション クラシック」


2018/10/25(木)~
●「doda(デューダ)」



2018/06~
●「吉野家」
公式サイト

PV

見汐麻衣 ソロデビューアルバム「うそつきミシオ」内
「1979」Midway(1979)
2017/11/15(水)発売

WEB

「modelpress」
https://mdpr.jp/interview/detail/1800476

「VOGUE GIRL」
https://voguegirl.jp/feature/

「VoCE」
https://i-voce.jp/feed/9503/

「OZmall」
【毎日更新】川島小鳥さん+太賀 写真連載「大人への旅」
写真家・川島小鳥さんと俳優・太賀が、旅をしたある風景を、毎日1枚ずつの写真でお届けします。
http://www.ozmall.co.jp/travel/article/6934/

【LINE LIVE】
「さしめし」前半 2017/10/24(火)20:00~配信
「さしめし」後半 2017/10/25(水)20:00~配信

「T-SITE NEWS」
http://top.tsite.jp/entertainment/cinema/i/33339077/

「CINRA.NET」
http://www.cinra.net/report/201608-sugimotohiroshi

「Smartザテレビジョン」
http://thetv.jp/news_detail/79433/
http://thetv.jp/news_detail/79411/

ニュースNEWS

MOVIE

太賀 主演映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」公開記念舞台挨拶!

太賀主演映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」の公開記念舞台挨拶が11/17(土)新宿ピカデリーで行われ、太賀が登壇した。

同作は、日に10万アクセスを誇る人気ブロガーとして活動する歌川たいじさんが2013年に出版した同名コミックエッセイの映画化。
胸が張り裂けるような言葉がタイトルのこの映画は、母親から拒絶され、友だちからも愛されることなく育った青年が、母親を大好きな気持ちを諦めることなく運命と向き合い、やがて奇跡を引き起こした実話をもとにした作品だ。
大好きな母に思いを焦がれた子ども時代の想い出を語る主人公のモノローグから物語は始まる。親や同居する大人による子どもへの虐待事件が後を絶たない昨今。主人公のタイジ(太賀)もまた、幼い頃から母・光子(吉田羊さん)にののしられ、殴られ、心身ともに傷つけられてきた経験を持つ。辛い気持ちを悟られまいと、つくり笑いを浮かべながら、本心を隠して精一杯生き抜いてきたタイジ。やがて大人になったタイジは、心を許せる友人たちと出会い、彼らに背中を押されながら、かつて自分に手をあげた母親と向き合う決意をする――。

上映後に行われた舞台挨拶に登壇した太賀は、「今日は観に来ていただき、ありがとうございます。作品の撮影が終わってから1年半ぐらい経つのですが、ようやくこうやって皆さんの目に触れることになって本当に嬉しく思っています。今日は頑張って喋るので、どうか最後までよろしくお願いします。」と挨拶。

タイジを演じる上で気を付けた事を問われると、「歌川さんの実人生を演じるというのは、僕自身がここまでの壮絶な過去を持っているわけではないので、生半可な気持ちで出来ないなと思っていました。やるからには、生きているのが辛くて泣いているタイジが今日を懸命に生きている歌川たいじさんに繋がればいいなと思ってやりました。歌川さんは撮影現場にもたくさん応援しに来てくださっていて、スタッフ全員分の混ぜご飯を手作りしてくださったり、撮影が佳境に入ればお菓子を差し入れしてくださったり、何度歌川さんに優しい言葉をかけてもらったか分からないぐらい、本当に僕は歌川さんに支えられましたし、背中を押してもらいました。お母さんからの愛を渇望していた人が、今は与えることばかりをしていて、そういう歌川さんの姿を見て、何よりも誰よりも歌川さん自身がこの作品の希望だなと思って演じていました。あとは、誰に何と言われようと歌川さんが喜んでくれればいいやという思いで演じました。」と語った。

タイジの友人・キミツを演じた森崎ウィンについて話題が挙がると、「ウィンとは出会って10年以上経ちますし、ここで共演できて本当に嬉しかったです。最初に台本を読んでキミツという役を見た時に、こんな大変な役を誰がやるんだろうって思ったのですが、ウィンに決まったと聞いて、これは間違いないという自分の中の確信というか、ウィンの持っているものとキミツの魅力が噛み合う気がしました。(劇中には)ダンスシーンがあって、ダンス経験が無い僕は練習場のフロア全体に心が折れる音が響くようなところからスタートしたのですが、ウィンが手取り足取り教えてくれて、徹底的に寄り添ってくれました。それがダンスのシーンに限らず、芝居を通しても常に寄り添ってくれたことにどれほど助けられたか…。本当に感謝しています。」とコメント。

吉田羊さんについては、「皆さんご存知の通り素晴らしい女優さんですし、生半可な気持ちで向き合えないなと思っていました。僕は羊さんと一緒じゃないシーンの時もこの作品中は羊さんの事を思い浮かべながらお芝居をやっていたので、どうしても面と向かうと、上手く喋れないし、どうしていいか分からない…。でも何を考えているのか知りたいし、もうちょっと繋がりたいというのがあって、自分自身のコントロールが利かなかったです。でも、お芝居をする上でこれ程良い緊張感はなくて、羊さんとだったらどこまでも行けるし、どこまでも行ってしまいたいと思えるようなやり取りができたかなと思っています。最終的にラストシーンで僕が出来る限りのことは羊さんに投げたんです。全て受け取ってくださって感謝しています。」と語った。

最後は、「舞台挨拶を終えてしまえば、役者が作品に対して出来ることは本当に無くなってしまうんです。現場で作品を育んで、こうして届けていく。これを終えてしまえば、この作品は観てくれた人のものになると思っています。タイジが色々な人に支えられたみたいに、この作品が観てくださる人にとって心寄り添うものになってくれたらと願っています。もし何か残るものがあったり、観て良かったと思えるものがあったら、ご自身の大切な人に薦めていただけたらと思います。歌川さんの人生が色々な人に影響を与える素晴らしいきっかけになってくれて心から良かったと思っています。今日は皆さんありがとうございました。」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」は、11/16(金)より、新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、イオンシネマほか全国公開!
ぜひ劇場でご覧ください。
  • はてなブックマーク

MOVIE

太賀 映画「⼗年 Ten Years Japan」初日舞台挨拶!

太賀出演映画「⼗年 Ten Years Japan」の初日舞台挨拶が、11/3(土)テアトル新宿にて行われ、太賀が登壇した。

同作は、⾹港で社会現象となったオムニバス映画『⼗年 TEN YEARS』(2015 年製作、⽇本公開2017 年)を基に、⽇本、タイ、台湾それぞれで、⾃国の現在・未来への多様な問題意識を出発点に、各国約5 名の新鋭映像作家が独⾃の⽬線で10 年後の社会、⼈間を描く国際共同プロジェクト「⼗年 Ten Years International Project 」の⽇本版。
石川慶監督の「美しい国」で主演を務める太賀は、自衛隊徴兵制が義務化された日本で、徴兵制告知キャンペーンを請け負った広告代理理店で働く若者・渡邊を演じる。

上映後に行われた舞台挨拶に登壇した太賀は、「今日は観に来てくださって本当にありがとうございます。」と挨拶。

同作にちなんで、十年後のなっていたい自分について問われると、「十年後は、そんじょそこらの事では動じないような胆の据わった大人になれたらいいなと思っています。あと、出来ることならこの仕事を続けられたらいいなと思っていますし、今回出会えた石川監督のような素晴らしい監督さんと、素敵な仲間と素敵な作品を作れる俳優になれたらいいなと思います。」と語った。

映画「⼗年 Ten Years Japan」は、11/3(土)より、テアトル新宿、シネ・リーブル梅田ほか全国順次公開!
ぜひ劇場でご覧ください。

【「美しい国」ストーリー】
徴兵制が施行された日本。広告代理店の社員・渡邊は、徴兵制の公示キャンペーンを担当している。ある日、ポスターデザインを一新するという防衛省の意向を、ベテランデザイナー・天達(木野花)に伝えるという大役を先輩に振られてしまい…。そこで天達のデザインに込められたある思いを知ることになる。
(敬称略)
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

MOVIE

2007年

02月

「フリージア」
監督/熊切和嘉 配給/シネカノン

03月

「バッテリー」
監督/滝田洋二郎 配給/東宝
2008年

08月

「ひゃくはち」
監督/森義隆 配給/ファントム・フィルム

10月

「那須少年記」(主演)
監督/初山恭洋 配給/シネマとうほく

11月

「青い鳥」
監督/中西健二 配給/日活・アニープラネット

12月

「魔法遣いに大切なこと」
監督/中原俊 配給/日活
2009年

01月

「感染列島」
監督/瀬々敬久 配給/東宝

03月

桃まつりpresents kiss!「あとのまつり」
監督/瀬田なつき

06月

「真夏のオリオン」
監督/篠原哲雄 配給/東宝

11月

「RISE UP」
監督/中島良 配給/SDP,ビデオプランニング
2010年

04月

「半分の月がのぼる空」
監督/深川栄洋 配給/IMJエンタテインメント

06月

「孤高のメス」
監督/成島出 配給/東映

06月

「さんかく」
監督/吉田恵輔 配給/日活
2011年

05月

「エクレール・お菓子放浪記」
監督/近藤明男 配給/シネマとうほく

09月

「スイッチを押すとき」
監督/中島良 配給:フェイス・トゥ・フェイス/リベロ

11月

「アントキノイノチ」
監督/瀬々敬久 配給/松竹
2012年

08月

「桐島、部活やめるってよ」
監督/吉田大八 配給/ショウゲート
2013年

02月

「雑音」
監督/上原三由樹
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2013 フォアキャスト部門
 
「筋肉痛少女」
監督/前野朋哉
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2013 フォアキャスト部門

07月

「バイバイ、マラーノ」
監督/金允洙
東京藝術大学大学院 映像研究科映画専攻 第7期生修了作品展上映作品

10月

「男子高校生の日常」
監督/松居大悟 配給/ショウゲート

10月

「人狼ゲーム」
監督/熊坂出 配給/AMGエンタテインメント
2014年

01月

「ほとりの朔子」
監督/深田晃司

05月

「MONSTERZ モンスターズ」
監督/中田秀夫

06月

「私の男」
監督/熊切和嘉 配給/日活株式会社

06月

「スイートプールサイド」
監督/松居大悟 配給/松竹メディア事業部

12月

「禁忌」
監督/和島香太郎
2015年

01月

「アゲイン 28年目の甲子園」
監督/大森寿美男 配給/東映

05月

「あん」
監督/河瀨直美 配給/エレファントハウス
2016年

02月

「マンガ肉と僕 Kyoto Elegy」
監督/杉野希妃 配給/和エンタテインメント/KATSU-do

03月

「壊れ始めてる、ヘイヘイヘイ」
監督/佐藤快磨

06月

「走れ、絶望に追いつかれない速さで」(主演)
監督/中川龍太郎

10月

「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」
監督/山口雅俊 配給/東宝映像事業部=SDP

12月

「アズミ・ハルコは行方不明」
監督/松居大悟 配給/ファントム・フィルム
2017年

05月

「追憶」
監督/降旗康男 配給/東宝

10月

「ポンチョに夜明けの風はらませて」(主演)
監督/廣原暁 配給/ショウゲート

11月

「南瓜とマヨネーズ」
監督/冨永昌敬 配給/S・D・P

TV

2006年

12月

金曜プレステージ「新宿の母物語」(フジテレビ)
2007年

01月

ナショナル劇場「浅草ふくまる旅館」(TBS) ※第2話

03月

ドラマスペシャル「復讐するは我にあり」(テレビ東京)

04月

「生徒諸君!」(テレビ朝日)
(~06月)

09月

大河ドラマ「風林火山」(NHK)
2008年

05月

金曜プレステージ「鯨とメダカ」(フジテレビ)

06月

「東京少女 桜庭ななみ」(BS-i) ※第2話

08月

「ヒットメーカー 阿久悠物語」(日本テレビ)

10月

「チーム・バチスタの栄光」(フジテレビ) ※第1話

10月

「スクラップ・ティーチャー~教師再生~」(日本テレビ) ※第3話
2009年

01月

「わたしが子どもだったころ~小松政夫篇~」(NHK BS-hi)

01月

「本日も晴れ。異状なし」(TBS)
(~03月)

05月

土曜ワイド劇場「温泉若おかみの殺人推理 スペシャル」(テレビ朝日)

05月

「臨場」(テレビ朝日) ※第7話

07月

「恋して悪魔~ヴァンパイア☆ボーイ~」(フジテレビ)
(~09月)

11月

大河ドラマ「天地人」(NHK) ※45話~47話(最終話)

12月

「ウラ声ボーイズ」(NHK BShi)
2010年

02月

日曜劇場「特上カバチ!!」(TBS) ※第5話・第9話
(~03月)

02月

「コード・ブルー −ドクターヘリ緊急救命− 2nd season」(フジテレビ) ※第6話

03月

月曜ゴールデン「ガラスの牙-熱血DJ保護司・権藤明子~涙の少年少女観察日記」(TBS)

05月

「プロゴルファー花」(読売テレビ) ※第7話

08月

スペシャル終戦特集ドラマ「15歳の志願兵」(NHK)
【第48回ギャラクシー賞 テレビ部門選奨】

09月

「太宰治短編小説集~駈込み訴え」(NHK BS2)

10月

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 赤い霊柩車26黒い同窓会」(フジテレビ)
2011年

02月

ドラマスペシャル「迷子」(NHK)
【ギャラクシー賞 奨励賞】

05月

ドラマ10「下流の宴」(NHK)
(~07月)

08月

終戦ドラマスペシャル「犬の消えた日」(日本テレビ)

10月

大河ドラマ「江 姫たちの戦国」※豊臣秀頼 役(NHK)
2012年

04月

スペシャルドラマ「ブラックボード~時代と戦った教師たち~」第1夜(TBS)

07月

「黒の女教師」※栗原啓太 役(TBS)
2013年

07月

「あまちゃん」(NHK)※AD小池 役

08月

プレミアムドラマ「人生、成り行き 天才落語家・立川談志 青春疾風録」(前編)※朝太 役(NHK-BS)

08月

「水木しげるのゲゲゲの怪談」(フジテレビ)

10月

「24時間女優~待つ女」(ひかりTV)

11月

「刑事のまなざし」(TBS) ※第5話

11月

大河ドラマ「八重の桜」(NHK)
2014年

01月

「夜のせんせい」(TBS)

06月

「植物男子ベランダー」(NHK BSプレミアム) ※第6話

12月

「全盲の僕が弁護士になった理由~実話に基づく感動サスペンス!~」
(TBS)
2015年

01月

「ウロボロス~この愛こそ、正義。」(TBS)
※第3話

06月

「天使と悪魔-未解決事件匿名交渉課-」(テレビ朝日) ※第9話

07月

「植物男子ベランダーSEASON2」(NHK BSプレミアム) ※第7話

07月

「恋仲」(フジテレビ)
(~09月)
2015年

12月

「おかしの家」(TBS) ※第9話

12月

第27回フジテレビヤングシナリオ大賞「超限定能力」(フジテレビ)
2016年

04月

「ゆとりですがなにか」(日本テレビ)
(~06月)

07月

「仰げば尊し」(TBS)
(~09月)

10月

「勇者ヨシヒコと導かれし七人」(テレビ東京) ※第3話
2017年

01月

「レンタルの恋」(TBS)
(~03月)

07月

「ゆとりですがなにか -純米吟醸純情編-」(日本テレビ)

07月

「ブランケット・キャッツ」(NHK総合)※第5話

08月

「1942年のプレイボール」(NHK総合)(主演)

STAGE

2011年

01月

M&Oplaysプロデュース「国民傘」~避けえぬ戦争をめぐる3つの物語~
作・演出/岩松 了(ザ・スズナリ)
(~02月)
2012年

05月

「シダの群れ 純情巡礼編」
作・演出/岩松 了(Bunkamuraシアターコクーン)
2013年

03月

M&Oplaysプロデュース「八犬伝」
原作/滝沢馬琴「南総里見八犬伝」 台本/青木豪
(~05月)
2014年

05月

Bunkamura 25周年記念「殺風景」
作・演出/赤堀雅秋
(~06月)

08月

「HISTORY BOYS/ヒストリーボーイズ」
作/アラン・ベネット 演出/小川絵梨子
(~09月)
2015年

03月

M&Oplaysプロデュース「結びの庭」
作・演出/岩松了

RADIO

2011年

08月

ラジオドラマ「空の防人」(NHK FM)

CM

2007年

03月

株式会社拓人「スクールIE」
(~2011年01月)
2008年

05月

株式会社ミツカン「金のつぶ」
(~2008年10月/2009年1月~6月)

07月

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ「ドコモ応援篇」
(~10月)
2010年

04月

株式会社ラウンドワン「学生割篇」
(~2011年06月)
2011年

04月

ロート製薬株式会社「OXY」
(~2013年02月)

10月

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ「冬COMING SOON」
(~2012年01月)

PV

2007年

01月

V6「HONEY BEAT」
(2007.01.31)

09月

LauLa「明日に咲く花」
(2007.09.05)
2010年

03月

UVERworld「=」
(2010.03.31)
2011年

06月

GReeeeN「花唄」
(2011.06.22)

WEB

2012年

03月

ANAショートムービー「空の話」 全6話
(~06月)

OTHER

2010年

01月

Bee TV「ひだまりの場所~初恋~」(全24話)
(~04月)
2012年

11月

BeeTV「ハイスクールドライブ」※猛 役

pagetop

page top