MOVIE

三木孝浩 監督作品・映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』公開直前イベント!


三木孝浩監督映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』の公開直前イベントが6/18(金)都内で行われ、山﨑賢人、LiSAさんと共に三木が登壇した。

同作は、1956年にアメリカで発表されて以来、色褪せぬ名作として世界中で愛される小説「夏への扉」(著:ロバート・A・ハインライン)を初実写映画化。舞台を日本に再構築し、1995年から2025年へ時を超え、人生のすべてを奪われたロボット科学者が未来を取り戻す冒険物語として描かれる。

将来を期待される科学者の高倉宗一郎は、亡き養父である松下の会社で研究に没頭していた。ずっと孤独だった宗一郎は、自分を慕ってくれる松下の娘・璃子と愛猫ピートを、家族のように大切に思っていた。しかし、研究の完成を目前に控えながら、宗一郎は罠にはめられ、冷凍睡眠させられてしまう。目を覚ますと、そこは30年後の2025年の東京――。宗一郎は、研究もピートも、すべてを失い、璃子が謎の死を遂げていたことを知る。愕然とする宗一郎だったが、人間そっくりなロボットの力を借り、未来を変えるために動き出す。璃子を絶対救うという、信念とともに。

イベントに登壇した三木は、「本作を監督させていただきました三木孝浩です。この映画は『夏への扉
―キミのいる未来へ―』というタイトルなのですが、ギリギリ夏前に公開することができて嬉しく思っています。本日はよろしくお願いします。」と挨拶。

同作の主人公・高倉宗一郎を演じた山﨑賢人とは映画『管制塔』以来、約10年ぶりのタッグになるが、「『管制塔』のときに、賢人君は青臭さの中に揺るがない強さみたいなものがあっていいなと。常に物事に対してフレッシュに身一つで乗り込んでいくハートの強さみたいなものがあるなと思いました。10年ぶりに再会して、いろいろな主演作を経験されてお芝居もすごく経験値が上がっているのですが、この作品に入るときも“自分はこうしなきゃ”と固めてくるというよりもセットや僕の演出にすごく柔軟に対応してくださっていて、いい意味での青臭さを失わないでくれているところが嬉しかったです。」と振り返った。

この日は、主題歌を担当しているLiSAさんが、同作のために書きおろした楽曲『サプライズ』を生歌唱。

LiSAさんの歌唱前に三木は、「タイトルが好きなんですよね。主観かもしれませんが、ポジティブな驚きだけではなくて、明るさや優しさ、勇気づけられる感じがそこに含まれているようで、映画の締めくくりに相応しい曲だなと思います。」とコメントした。

その後、生歌唱が披露され、「この映画はSF要素のある作品なのですが、最後にLiSAさんの『サプライズ』が流れることによって一段も二段もスケールアップしていただいたなと思いました。また、生歌を聴いたときに、どこからそんな声が出るんだろう?と、伸びやかさとか世界が広がる感じがあって、すごく感動しました。」と笑顔で語った。

イベント中盤では、会場のスクリーンで繋がったファンの方とのオンライントークセッションが実施された。

三木は、ファンの方からの“もう一度味わいたい過去の感動した思い出は?”という質問に、「学生の頃から映画を撮りたくて、ずっと自分の夢を追いかけて最初の映画を作ったときに、劇場でお客さんに混じって映画を観て、観終わった後のお客さんたちの空気感をその場で味わえたときに本当に泣きましたね。毎回、作品ごとに劇場に足を運んでお客さんに混じって観るのですが、最初の映画を作ったときのあの感じは、“ここにたどり着けて良かった”と思った瞬間だったので、そういう意味ではもう一回味わいたい、思い出に残る出来事でした。」と答えた。

また、“監督の光の使い方がいつも美しくて感動している”という感想を聞いて、「画面越しではありますが、なかなかこうやって直接感想を聞ける機会もないので嬉しいです。ありがとうございます。」と笑顔を見せた。

そしてオンライントークセッション終了後、感想を問われ、「オンラインだと皆さんのお顔が見えやすくて良いなと思いました。(劇場での舞台挨拶などで)遠くにいると、なかなかどんな表情をしているのか見えづらいのですが、こうして皆さんの笑顔が見られて嬉しかったです。」と述べた。

映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』は6/25(金)全国ロードショー。
ぜひご期待ください!

■公式サイト
https://natsu-eno-tobira.com/
  • はてなブックマーク