shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

本仮屋ユイカ スペシャルドラマ「検事の本懐」出演決定!

本仮屋ユイカが、12/3(土)テレビ朝日にて放送されるドラマスペシャル「検事の本懐」に出演することが発表された。

同作は、2013年『第15回大藪春彦賞』を受賞し、累計発行部数が32万部を超える柚月裕子さんの同名傑作短編集を原作としてドラマ化された『最後の証人』(2015年1月放送)、そして『検事の死命』(2016年1月放送)に続く“佐方シリーズ”第3弾となる作品。
“犯した罪はまっとうに裁かれなければならない”という信念を貫く硬骨のヒーロー・佐方貞人の最新作がこの冬、放送される。

物語は、米崎地方検察庁検事の佐方貞人が、東京地検特捜部の応援に駆り出され、大物政治家・大河内定和が絡んだ贈収賄事件の真相に迫っていく。
東京地検特捜部との軋轢や事件関係者との確執をものともせず、佐方はただ真実を明らかにするために奔走する。はたして彼がたどり着いた、驚くべき事件の真相とは…!?
そして、もうひとつの柱である佐方の亡き父にまつわる“謎”。罪を背負ったまま獄中死した父・陽世の秘められた真実が解き明かされることにより、佐方の人間としての本質、検事としての矜持が育まれた背景が浮かび上がっていく。

本仮屋は、東京地方検察庁特捜部・検察事務官の加東栞を演じる。検察は上意下達の組織であり、事務官は指示どおりに動くだけとクールに割り切っていたが、応援でやってきた佐方とコンビを組んだことから、彼に振り回されながらも真実の究明に奔走していくという役どころ。

出演が決定し本仮屋は、「前作のオンエアを拝見していたので、今回、声をかけていただき、とても光栄に思っています。」とコメント。

主人公の米崎地方検察庁検事・佐方貞人を演じる上川隆也さんとの共演について、「以前共演した時は、わずか数時間ご一緒しただけでしたが、しびれるぐらい寒い日だったので、上川さんがずっと火にあたらせて下さり、すごく優しい方だなと思っていました。今回じっくり共演させていただいたら、いったいいくつ目玉がついているのかと思うぐらい、端から端まで現場に気を配り、8人分ぐらい働いているスーパーマンみたいな方で本当にビックリしました。上川さんは、この現場の灯台のような存在です。」と話した。

撮影・役どころについて、「京都での撮影は初めてでしたが、とても新鮮で、まるで違う国にやって来たような驚きと発見がありました。加東はとことん真面目な事務官で、今まで教わったことすべてに忠実にいようとする、頑なな女性。反発を覚えつつも、佐方検事の真実への向き合い方を尊敬するようになるので、その敬意を少しずつ出していこうと思いながら演じました。」と語った。

放送をご覧になる方へ向けて、「このシリーズは、佐方検事がどこまでもブレないところが魅力。“この時代にこんな人がいるんだ!”というカッコよさと、観終わった後の爽快感がいちばんのみどころ。その佐方に感化され、変化していく加東にも注目していただけると嬉しいです!」とメッセージを送った。

ドラマスペシャル「検事の本懐」は、12/3(土)21:00~テレビ朝日にて放送!
ぜひご期待ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top