shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

森川葵 金曜ドラマ「表参道高校合唱部!」出演決定!

森川葵が、7/17(金)22:00放送スタートのTBS金曜ドラマ「表参道高校合唱部!」に出演することが発表された!

青春真っただ中の高校生たちは、部活・勉強・恋愛に人間関係・・・いつも何かが足りないような不安と隣り合わせで落ち着かない。同作は、そんな居心地の悪い思いで不協和音を奏でている高校生たちが「合唱大好き!」という破天荒なヒロインと出会い、「合唱」に巻き込まれていくうちに、本当に輝ける場所を見つけていく青春ストーリー。
毎話ごとに、隠れた名曲が合唱としてよみがえるのも見どころのひとつ。「声を合わせて歌う」という、もっとも純粋で、それだけに人の心に強く訴える音楽、それが合唱。高校生キャストたちは出演決定直後から合唱練習を開始。ポップスともカラオケとも違うクラシカルな歌い方に悪戦苦闘中だが、それぞれ仕事の合間を縫って基礎から熱心に練習する様子は、さながら部活のよう。彼らの努力の成果もお楽しみに。この夏の金ドラは、合唱をテーマに、爽やかでほろ苦い、王道の青春ドラマをお送りする。

森川が演じるのは、表参道高校2年生・引田里奈(ひきたりな)。容姿、成績ともに中の下。「場を和ます」ことには長けており、優里亞の取り巻きの一人として空気を読んでその場をやり過ごすことを第一に、辛うじて“一軍”として生きている。実はアイドル志望。

森川は、オーディションで出演が決まった時の心境について、「まさか、とおもいました。オーディションの時に嘘をつくのはよくないと思い正直に歌は苦手ですといったので、受かるとは思っていませんでした。」とコメント。

合唱経験については、「ありません。学校での合唱コンクールではいつも指揮をしていたのでほとんど歌っていませんでした。」と話し、同作での合唱練習が始まり、その手ごたえについて、「筋トレなどつらいこともありますが、きれいに音が重なった時すーっと音が耳に入ってくるときがあるんですが、それがとても気持ち良いです。」と語った。

最後に、同作への意気込みについて、「私自身歌を歌うのはすごく苦手なのでもしかしたら見てて下手だなと思うこともあるかもしれませんが、精一杯気持ちを込めて歌います。その気持ちが見てくれる皆さんに伝わって、この表参道高校合唱部が全国に知られる有名合唱校になれればと思います。表参道高校合唱部がストーリーも歌も皆さんの心に気持ち良く響いたらいいなと思います。」と、視聴者へメッセージをおくった。

金曜ドラマ「表参道高校合唱部!」(毎週22:00~22:54)は、TBSにて7/17(金)放送スタート!是非ご期待ください!


▼【あらすじ】
香川から東京の表参道高校に転校してきた香川真琴(芳根京子さん)。香川で合唱に打ち込んでいた真琴は、合唱の名門である表参道高校でも活動する気まんまん。しかも、かつて真琴に合唱の楽しさを教えた教師・鈴木有明(城田優さん)が合唱部の顧問をしており、真琴の期待は膨らむ。ところが現在の合唱部は部員も集まらず廃部寸前。部長の相葉廉太郎(泉澤祐希さん)と部員の佐々木美子(萩原みのりさん)は、すべての責任は顧問である有明のせい、と投げやりだ。真琴の記憶の中の有明といえば合唱を愛し、やる気に満ち溢れ、王子様のような風貌であったのに、再会した有明はキャバクラにしか興味がなく、だらしのない見た目・・・あまりの変わりようにショックを受ける真琴。しかし、ある目的を持つ真琴は合唱部の立て直しを決心する。
合唱部を存続させるには8人の部員が必要。真琴は周囲の冷めた視線をものともせず部員集めの準備を始める。その矢先、同じクラスの引田里奈(森川葵)に声をかけられる。表参道高校には生徒の中に明確な区分があり、合唱部の部員たちは“圏外”だというのだ。スポーツ万能の夏目快人(志尊淳さん)やタレント活動をしている谷優里亞(吉本実憂さん)は学校生活もプライベートも充実している“1軍”、野球部の桜庭大輔(堀井新太さん)など学業も部活動もソコソコで1軍に入れない平凡な生徒たちは“2軍”、オタクや地味な生徒たち、合唱部の相葉や美子、不登校の宮崎祐(高杉真宙さん)らは“圏外”、と話す里奈。優里亞の取り巻きである里奈も頑張ってギリギリ“1軍”だという。空気を読んで合唱部と関わるのはやめたほうがいいという里奈に、真琴は「頑張るなら好きなことで頑張りたい」と言い・・・。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top