shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

窪田正孝 映画「ヒーローマニア-生活-」完成ヒーロー上映会!

窪田正孝出演映画「ヒーローマニア-生活-」の完成ヒーロー上映会が4/20(水)新宿バルト9で行われ、監督・キャストと共に窪田が登壇した。

同作は、福満しげゆきさんの人気コミックス「生活【完全版】」を、映画『ソフトボーイ』『花宵道中』といった独特の世界観を構築し幅広いファンを獲得している豊島圭介監督の手により実写映画化。元サラリーマンで、世間を批判的に見るうだつが上がらないフリーター中津秀利が、とある出来事をきっかけに、小さな社会悪を退治する自警団を結成、仲間との絆を強くしながら少しずつ成長していく姿を描いたアクションコメディーとなっている。

サラリーマンをリストラされ、さっぱりうだつの上がらない中津秀利(東出昌大)は、コンビニでバイトするフリーター。ある時出会った、謎の身体能力を誇るニート・土志田誠(窪田)、情報収集力抜群の女子高生・寺沢カオリ(小松菜奈)、昼は定年間近のサラリーマン、夜は“若者殴り魔”の日下孝蔵(片岡鶴太郎)と町を守る自警団を結成し、社会が裁ききれない小さな悪を天誅と称し、高いところから吊り下げて晒す行為を始める。それはやがて、市民の賛同を得るようになり、自警団は巨大な組織に成長。
日下がスカウトしたホームレス・宇野正(船越英一郎)を社長とし、低料金の警備サービスを提供する会社<ともしび総合警備保障>として操業を始める。しかし、新しいメンバーの中にはその力を私欲の為に使う者も現れ、秩序は徐々に崩れていく。はたして<ともしび総合警備保障>は、オリジナルメンバーたちは、どうなってしまうのか?事態は予想しないラストへと向かっていく―。

窪田は、寡黙ながらも身につけた武術を駆使し確実に悪を裁いていく土志田誠を演じる。

舞台挨拶には土志田のトレードマークでもある赤いニット帽を被った来場者が詰めかけており、「今日は本当にありがとうございます。赤いニットを被っている方がたくさんいらっしゃって、嬉しいです。出てくる人はみんな変わり者で、変態で、すごく個性豊かな人たちの集まりなのですが、その中で遊び心を持ちつつ、エンターテイメントな作品となっています。たくさんの方に楽しんでいただけたら幸せです。ありがとうございます。」と挨拶をした窪田。

この日はタイトルにちなみ、登壇者たちが何マニアかを発表。その答えから読み取れる深層心理を心理カウンセラー・晴香葉子先生が診断するという企画が行われた。窪田が、「冷たいものマニアです。」と答えると、晴香先生は、“取りあえず動いてくれるヒーローです。『冷たーい』とか言っている自分が好きで、自虐的。年齢よりも子供っぽかったり、無邪気な人です。また、刺激を好む人は危険が伴うのですが、突破口になるのでチームとしたらありがたい存在だと思います。”と診断された。それを聞いていた窪田は、「キンキンなものが大好き。頭がキーンとするところがいいです。」と笑顔で話していた。

最後に行われたマスコミ向けのフォトセッションには、サプライズゲストとして仮面ライダー1号が登場した。
窪田は、「子供の頃の憧れのヒーローです。」と興奮した様子で話し、仮面ライダーとガッチリと握手。その後、最強のヒーローと共に登壇者たちが渾身のヒーローポーズを取りながら撮影が行われ、賑やかにイベントは終了した。

映画「ヒーローマニア-生活-」は5/7(土)公開。
ぜひご期待ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク
  • シェア

pagetop

page top