shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

中川大志 NHK連続テレビ小説「なつぞら」出演決定!

中川大志が2019年度前期、NHK連続テレビ小説「なつぞら」に出演することが発表された。

連続テレビ小説100作目にあたる本作は、脚本家・大森寿美男によるオリジナル作品。
戦争で両親を失った少女・奥原なつ。彼女を癒やし、たくましく育てたのは──北海道・十勝の大自然と、開拓者精神あふれた強く、優しい大人たちだった。やがてなつは、十勝で育まれた豊かな想像力と開拓者精神を生かし、当時まだ「漫画映画」と呼ばれていたアニメーションの世界にチャレンジしていく。

中川は【アニメーション編】に出演、東洋動画所属の監督見習い・坂場一久を演じる。

【アニメーション編】では、漫画映画(=アニメーション)に夢を抱いたなつが、日本初の長編アニメーションの制作に参加。それは6万枚を超える動画を、数百人の規模で完成させる前例のない大プロジェクトで、北海道十勝から上京したなつにとっては、想像を超える世界だった。やがてアニメーションはテレビ時代を迎え、大きなムーブメントを巻き起こし、じいちゃんの教え「開拓者魂」を胸に秘め、なつはアニメスタジオ「東洋動画」の個性あふれる仲間たちとともに、アニメーションという新たな大地を切り開いていく―。

絵は描けないが、アニメの知識は人一倍多く、企画力に優れ、思いもよらないストーリーを考えつく坂場。その一方で要領が悪く、無理難題を言って、アニメーターたちをいつも困らせ、なつも初めは苦手意識を感じるが…。

出演が決定し中川は、「朝ドラは「おひさま」以来、いつかまた立ちたいとずっと思っていた場所でした。その記念すべき100作目に出演が決まったときは本当にうれしく、身が引き締まる想いでした。僕が演じる坂場一久は、一見とっつきにくい変わり者に見えますが、まだ始まったばかりの日本の漫画映画の世界で新しいことにどんどん挑戦したいという野心にあふれた人物です。なつや坂場たち若いアニメーターが、衝突しながらもお互いの想いを理解し合って一つのチームになっていく様子は、演じていても面白いですし、青春だな! と感じます。日本のアニメーションの歴史も感じてもらえると思います。あこがれの世界に飛び込んだなつが、その中で何を感じ、どこへ向かっていくのか、楽しみにしていてください。」とコメントを寄せた。

NHK連続テレビ小説「なつぞら」は、4/1(月)よりNHK総合にて毎週月曜~土曜8:00~8:15放送。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top