shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

三木孝浩 『きみの瞳(め)が問いかけている』映画化決定!

三木孝浩による、『きみの瞳(め)が問いかけている』映画化が決定した。

同作は、韓国で2011年に公開され、釜山国際映画祭のオープニング作品として上映、130万人以上の観客動員数を記録した映画「ただ君だけ」を原作とした作品だが、この物語の礎となっているのは、喜劇王チャールズ・チャップリンが監督・脚本・主演を務めた「街の灯」。盲目の女性に、報われることのない無償の愛を捧げ続ける男の想いと生き様が、世界中の涙を誘い、未だ純愛映画の金字塔として名前が上がる不朽の名作だ。

不慮の事故で視力と家族を失ったが、小さな楽しみを糧に明るく日々を送る明香里(吉高由里子)が、管理人のおじさんと間違えて話しかけたのは、篠崎塁(横浜流星)という男。彼はかつて将来を有望視されたキックボクサーだったが、過去のある事件をきっかけに未来を失い、心を閉ざし、今や日雇いのバイトで食いつないでいた。その後も時々やってきては、屈託なく話しかけてくれる明香里の笑顔に、塁は次第にこころを開いていく。ほどなくして惹かれあう二人だったが、やがて自分の過去が、明香里の失明した事件と接点があったことを知った塁は、明香里の目の手術代のため、高額な賞金が賭けられた不法な賭博試合のリングに再び立つことを決意する・・・

三木は、「自分にとってターニングポイントとなった作品『僕等がいた』でご一緒した吉高由里子さんは、まさに戦友のような存在であり、またこうしてタッグを組めることを本当に嬉しく思います!彼女の溢れる優しさとひたむきさがこの愛の物語に新たな輝きをもたらしてくれると確信しています。そして、今もっとも勢いがあり、ほとばしる熱量を内に秘めた俳優・横浜流星くん。この二人がどう化学反応を起こすのか?今から本当に楽しみです!!」とコメントを寄せた。

監督作品・映画『きみの瞳(め)が問いかけている』は、2020年秋全国ロードショー!
ぜひご期待ください。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top