shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

中川大志 ドラマ「G線上のあなたと私」プレミアム試写会&舞台挨拶!

中川大志出演ドラマ「G線上のあなたと私」(TBS)のプレミアム試写会&舞台挨拶が10/10(木)都内で行われ、中川が登壇した。

同作は、恋愛マンガの名手・いくえみ綾による同名人気漫画のドラマ化。「大人のバイオリン教室」で出会った年齢も立場もバラバラな3人の男女が、様々な事情を抱えながらも、初めてのバイオリンに挑戦し奮闘する姿を通して悩める大人たちにエールを贈る、恋と友情の物語だ。
脚本は、「きのう何食べた?」、「コード・ブルー ードクターヘリ緊急救命ー THE THIRD SEASON」ほか、人気ドラマを多く手掛け、巧みなセリフ回しで多くの視聴者を惹きつける安達奈緒子。プロデューサーは、数々の話題作を手掛けてきた磯山晶と佐藤敦司。演出は、同じくいくえみ作品が原作の「あなたのことはそれほど」も担当した金子文紀、竹村謙太郎、福田亮介が務める。

「ごめん、今になって」「すきな子がいる」と、小暮也映子(波瑠)は寿退社間近に婚約者から婚約破棄を告げられる。泣きながら放心状態でフラフラと立ち寄ったショッピングモールで「G線上のアリア」の生演奏を耳にしたのをきっかけに、大人のバイオリン教室に通い始める。
教室で同じクラスになったのはイマドキの大学生・加瀬理人(中川)と主婦の北河幸恵(松下由樹)。人間関係もバイオリンも一筋縄ではいかない3人を取り巻く人間模様と、それぞれの想いが交錯していく・・・。

中川は、少々不愛想だが憎めない、イマドキの男の子で、恋愛に関しては不器用な大学生・加瀬理人を演じる。
理人は也映子のバイオリン仲間で、バイオリン教室の講師で兄の元婚約者である眞於に恋をしている。初めて出会った時から好きだった眞於に、その想いを告げられずにいたが、兄と眞於が破局した後、偶然眞於と再会したことで再び想いをつのらせ、彼女が働くバイオリン教室に通うことになる、という役どころ。

第1話上映後に行われた舞台挨拶にて中川は、「短い時間ですがいろいろとお話をさせていただいて、益々ドラマを楽しんでいただけたらと思います。よろしくお願いします。」と挨拶。

キャスト陣が劇中で弾くバイオリンは代役を立てることなく実際に弾いているそうで、「全部やってます!今年の春頃から練習を始めました。最初はまさしく第1話のような演奏で、体が痛くなりましたし不安しかなかったです。いろいろな曲が出てくるのですが、初めてちょっと形になったかなと思えた瞬間はすごく嬉しかったです。」と話した。

中川演じる理人の兄・侑人を演じるのは鈴木伸之さん。兄弟を演じる上で話し合ったことは?と聞かれ、「初めてお仕事をしたのが7年位前で、それから2回位共演させていただきました。今回久々の共演ですが、仲良くなるために何かをするというよりは、昔から知っているそのまま。(撮影の合間は)シャドーボクシングをしたり、体を動かしたり、くだらない話をしてじゃれ合ってます(笑)。」と笑顔で答えた。

ドラマ「G線上のあなたと私」は、10/15(火)よりTBSにて毎週火曜22:00~22:57放送。(初回は15分拡大放送)
ぜひお楽しみください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top