shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

夏帆 映画「ブルーアワーにぶっ飛ばす」舞台挨拶!

夏帆主演映画「ブルーアワーにぶっ飛ばす」の舞台挨拶が10/16(水)テアトル新宿で行われ、箱田優子監督・共演の黒田大輔さんと共に夏帆が登壇した。

30歳の自称売れっ子 CM ディレクター・砂田(夏帆)は、東京で日々仕事に明け暮れながらも満ち足りた日々を送っている…ように見えるが、口をひらけば悪態をつき心は荒みきっている。
ある日、病気の祖母を見舞うため、砂田の嫌いな故郷に帰ることに。ついて来たのは、砂田が困った時には必ず現れる、自由で天真爛漫な秘密の友だち・清浦(シム・ウンギョンさん)。しかし、再会した家族の前では、都内で身に着けた砂田の理論武装は通用しない…やがて全てを剥がされた時、見ようとしなかった本当の自分が顔を出す―。そして、一日と始まりと終わりの間に一瞬だけおとずれる“ブルーアワー”が終わる時、清浦との別れが迫っていた…。

夏帆は同作の主人公・砂田夕佳を演じている。

10/11(金)に公開初日を迎えた同作。翌12日(土)に公開記念舞台挨拶が予定されていたが、台風19号の影響で映画館の営業自体が休止となり、“緊急開催!”と銘打って行われたこの日の舞台挨拶。同作のメガホンをとった箱田監督とオリジナル“ブルーアワーTシャツ”姿で登壇した夏帆は、「10代からこの仕事をしてきて、あの時、このタイミングでこの役と出会えたことは、私のキャリアにおいても意味のあることだなと感じています。頑張っていればこういう役と出会えるんだなと。箱田さんにとって初の長編監督作という大事な1本目に呼んでいただいて、こうやっていま、この場に立てるのが嬉しいですし、箱田さん自身を投影した砂田という役を私にオファーしていただき、演じることができて、本当に自分にとって、思い入れの強い作品になりました。」と熱い思いを吐露した。

映画を観た周囲の人たちから様々な反響が返ってきているようで、「身近な友達から『この役は夏帆にしか演じられない。等身大のままの夏帆が出てるね』と言われました。」と明かした。

この日、ソウルでのドラマ撮影のために残念ながら出席できなかった共演のシム・ウンギョンさんから箱田監督と夏帆に向け『いつも一緒な気がするのに、今日一緒じゃないのが不思議です。この作品を通して私は、正直に生きてていいんだ、大丈夫なんだ、という大きいメッセージをいただきました。ありがとうございます。また会いましょう!』というメッセージが届き夏帆は、「砂田にとって(ウンギョンさんが演じた)キヨという存在は心のよりどころのような存在ですが、私にとってウンギョンちゃんの存在が心のよりどころでした」と語った。

舞台挨拶の最後には、夏帆へのサプライズとして箱田監督が手紙を朗読。『夏帆ちゃんの人生くれないか?』と書いた手紙を送ったという最初の出会いから、クランクイン前の準備期間、撮影中の思い出まで、この1年半の“共闘”への感謝をつづった内容に、読んでいる箱田監督も涙し、聞いていた夏帆も思わず涙。手紙を受け取り夏帆は、箱田監督と壇上で熱い抱擁を交わし、声を詰まらせつつ、「いろんなことを思い出しました。撮影前から撮影中、いまもお付き合いさせていただいていますが、本当に箱田さんとの出会いは、私にとって大事な出会いになりました。これからもお付き合いさせていただければと思います。1本目の公開おめでとうございます!」と語り、会場は温かい感動の拍手に包まれた。

映画「ブルーアワーにぶっ飛ばす」は、絶賛公開中。
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top