shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

矢部昌暉(DISH//) 舞台「暁のヨナ~烽火の祈り編~」制作発表!

矢部昌暉(DISH//)W主演舞台「暁のヨナ~烽火の祈り編~」の制作発表が10/24(木)KOEI TECMO CAFE & DININGで行われ、矢部が出席した。

原作は、2009年より『花とゆめ』で連載がスタートし、既刊30巻シリーズ累計770万部(紙・電子含む)以上を突破した、草凪みずほさんによる大人気コミック。謀反により父王を殺された王女ヨナが、流浪の身となりながらさまざまな人との出会いにより成長し、自身の運命に向き合っていく姿を描いた大河ファンタジーとなっており、2014年10月にテレビアニメ化、2016年には第一弾、2018年には第二弾の舞台公演が行われ、今回第三弾となる新作舞台が上演される。

謀反により父王を殺された高華国の王女ヨナは、専属護衛のハクと共に、城を追われる。旅の途中、神官に使えるユンと出会い、「伝説の四龍の戦士が力を貸してくれる」という神託を告げられ、数々の困難を乗り越えヨナのもとに四龍が集結。ヨナは武器を取り、ハク、四龍らと共に国を守る決意をする。そんな中、痩せた土地と重税による食料不足に苦しめられている火の部族と出会い、奮闘するヨナ達。一方国境では、火の部族と戒帝国千州との闘いが始まろうとしていた。しかし、その戦にはある企みがあることにヨナ達は気づく…

昨年上演された「暁のヨナ~緋色の宿命編~」に続きハクを演じる矢部は、「同じ役を続編でやらせていただくというのが初めてのことなのですごく嬉しいですし、前回の経験を活かして、さらにたくましくヨナ姫を守れるかっこいいハクを演じられたらと思います。そして今回は新たなキャストも加わって、さらにパワーアップした「暁のヨナ」の世界をお届けできればと思っていますので、皆さんぜひ楽しみにしていてください。」とコメント。

自身の役を演じる上で楽しみな点、難しい点を聞かれ、「楽しみな点は、今作は“火の部族編”なので“暗黒龍とゆかいな腹へり達”のシーンが出てくるのですが、途中で(四龍の一人である)シンアがつけている白いモフモフを僕が顔につけたまま盗賊と戦うシーンがあって、それが本番でどのようになるのかすごく楽しみです。難しい点は、ハクが大きな帯刀を持っていて、それを振り回すのがやはり大変だなと感じているので、早く慣れて本番にはかっこいい殺陣に仕上げられたらと思っています。」と語った。

最後に、「「暁のヨナ」は、登場するキャラクターがみんな個性的ですごく魅力的なので、それぞれのキャラクターも好きになると思いますし、少女漫画らしい胸キュンするポイントやそれぞれの人間ドラマなど、本当にいろいろな物語が詰まった作品です。ぜひ楽しみにしていてください。」とメッセージを送った。

なお、この日は原作者の草凪みずほさんが熊本県在住ということにちなみ、熊本県PRキャラクターのくまモンが登場。くまモンと握手をした矢部は、「まさかこんな有名人に会えるなんて思っていなかったので嬉しいです。」と笑顔を見せた。

舞台「暁のヨナ~烽火の祈り編~」は、11/16(土)~23(土)EXシアター六本木にて上演。
ぜひご期待ください!

◆舞台「暁のヨナ~烽火の祈り編~」の上演を記念して、「暁のヨナ」Café開催中!
開催日時:2019/10/24(木)~11/13(水)
場所:KOEI TECMO CAFE & DINING
詳細はこちら>>

◆公式サイト
http://yona-stage.jp/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top