shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

寺坂尚呂己 ミュージカル「マイ・バケットリスト Season6」制作発表!

寺坂尚呂己出演ミュージカル「マイ・バケットリスト Season6」の制作発表が10/28(月)都内で行われ、共演者と共に寺坂が出席した。

同作は、不良少年・カングと余命宣告された少年・ヘギが出会い、ヘギの死ぬまでにやりたい100個のバケットリストを二人で埋めていく感動のストーリー。
昨年2月の初上演からこれまで5回に渡って日本で上演されており、これまでも多くの観客を感動と涙に包んできた。

ヘギを演じる寺坂は制作発表にて、「ミュージカルに出演してみたかったので、出演が決まって本当に嬉しいです。頑張ります。」とコメント。

カングとヘギはトリプルキャストとなるが、共演者の印象を聞かれ、「カング役の山本裕典さんは、「仮面ライダー」や「イケパラ」(「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~」)を観ていたので、憧れの方とお芝居ができて喜びに浸りました。“アニキ”という印象です。同じくカング役の廣瀬大介さんは、稽古を一番一緒にやらせていただいている方。お芝居について教えてくださるお兄ちゃんです。また、カング役のドンヒョンさんは肌がモチモチそうだなって(笑)。ヘギ役のミヌさんは日本語が多分僕よりも上手で(笑)。“ミヌヒョン”って呼んでいいよと言ってくれて、とても優しい人です。そしてヘギ役のインジュンさんは、僕の先輩の藤原倫己さんのイベントで一度お会いしたことがあって、その時から“優しさの塊の人”という印象です。皆さんとても良い人で、恵まれているなと思います。」と笑顔で話した。

演じる役と自身が似ていないところの話題となり、「僕はポンコツで、でもヘギはちゃんとしていて真面目な人。そこが、かなりかけ離れていると思います。」と話した。

また、同作で好きなシーンは?という質問に、「最初のうたを歌うところでカングとヘギが“親友さ”と向かいあって手を出すところです。演じていても一番感情が上がります。」と答えた。

そして最後に、「これまでのヘギの中で僕が一番良かったと思っていただけるように頑張ります。最初に台本を読んだ時に、すごく感動して一瞬でヘギになれた気がします。皆さんにヘギとカングの友情を届けられたらと思います。ぜひ観にきてください。よろしくお願いします。」とメッセージを送った。

ミュージカル「マイ・バケットリスト Season6」は、11/8(金)~14(木)東京・浅草 花劇場にて上演。
ぜひ劇場でお楽しみください!

公式サイト:https://ticket.rakuten.co.jp/features/mybucketlist/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top