shadow

prev

next

ニュースNEWS

EVENT

仲野太賀 「第32回東京国際映画祭」レッドカーペットに登場!

仲野太賀出演映画「タロウのバカ」が、「第32回東京国際映画祭」Japan Now部門(※)に選出され、10/28(月)六本木ヒルズアリーナにて行われたオープニングイベントのレッドカーペットに仲野が登場した。

「東京国際映画祭」(以下TIFF)は、日本で唯一の国際映画製作連盟公認の国際映画祭。1985年、日本ではじめて大規模な映画の祭典として誕生し、日本およびアジアの映画産業、文化振興に大きな足跡を残し、アジア最大級の映画祭へと成長。いまや最も熱気溢れるアジア映画の最大の拠点である東京に、世界中から優れた映画が集まり、国内外の映画人、映画ファンが新たな才能とその感動に出会い、交流する場を提供する。

第32回を迎える今年は10/28(月)~11/5(火)まで開催、六本木ヒルズ、EXシアター六本木、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場ほか、都内の各劇場および施設・ホールで様々な企画・イベントが行われる。

映画「タロウのバカ」は、『日日是好日』『セトウツミ』『さよなら渓谷』などの大森立嗣監督、渾身のオリジナル脚本。『ゲルマニウムの夜』以前の1990年代に執筆したシナリオに基づいており、本来はデビュー作として構想していたそのオリジナル脚本に、現代にふさわしい変更をいくつか加え、とりわけ思い入れの深い物語の映画化を実現。社会のシステムからはみ出した3人の少年の純粋にして過激な生き様を描く。

主人公の少年タロウ(YOSHIさん)には名前がない。彼は「名前がない奴はタロウだ」という理由でそう呼ばれているだけで、戸籍すらなく、一度も学校に通ったことがない。そんな“何者でもない”存在であるタロウには、エージ(菅田将暉さん)、スギオ(仲野太賀)という高校生の仲間がいる。
エージ、スギオはそれぞれやるせない悩みを抱えているが、なぜかタロウとつるんでいるときは心を解き放たれる。大きな川が流れ、頭上を高速道路が走り、空虚なほどだだっ広い町を、3人はあてどなく走り回り、その奔放な日々に自由を感じている。しかし、偶然にも一丁の拳銃を手に入れたことをきっかけに、それまで目を背けていた過酷な現実に向き合うこととなる…。

同作の上映は、10/31(木)13:45よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズ SCREEN1にて行われる。

映画「タロウのバカ」は、現在公開中。
ぜひご覧ください!

◆「第32回東京国際映画祭」公式サイト
https://2019.tiff-jp.net/ja/

※Japan Now部門
過去1年の日本映画を振り返り、独自の視点でセレクションした部門。
“今”の日本映画が概観できる作品が上映されることで注目を集める。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top