shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

柳楽優弥 ドラマ「母、帰る~AIの遺言~」試写会!

柳楽優弥主演、土曜ドラマ「母、帰る~AIの遺言~」(NHK総合)の試写会が12/21(金)NHKにて行われ、奥田瑛二さんとともに柳楽が出席した。

同作は、“介護AI”が普及する近未来を舞台に、人工知能によって導かれた家族の崩壊と再生を描くホームドラマ。

急死した母が遺したのは自分の記憶を埋め込んだAIだった…!
養父との養子縁組を解消しようと、母の葬式以来久しぶりに実家に帰省した直人。そこで彼を出迎えたのは死んだはずの母の声だった。
会話の途切れがちな父子の間をとりもつようにスマートフォンからしゃべりつづけるAIの声は、まるで母が生きていた頃を髣髴とさせ、直人を混乱させる。そしてAIの母に甘え、元気を取り戻していく父にいらだちを募らせていく。やがて大げんかに発展、AIを消去することになった時、直人は父の真実の姿を知ることになるが…。

柳楽は主人公・野田直人を演じる。

会見にて柳楽は、「自分で言ったらおかしいのかもしれませんが(笑)、とても面白かったです。」と同作の感想を話し、「元々このドラマに出演が決まる前から、AIと人間が関わる作品に出てみたいと事務所の方に伝えていて、今回参加できたことはとてもラッキーでしたし、こういうナイーブでナチュラルな普通の青年を演じるというのは、個人的にも試されるなという気持ちでした。反省点はありますが、出来る限りのことは出来たと思います。奥田さんに引っ張っていただきました。ありがとうございました。」とコメント。

AIが関わる作品に出演したいと思ったきっかけを、「個人的にAIやスマートフォンなどの技術が進むペースが早いなと思っていて、どうやったらついていけるかと感じるタイミングがありました。海外の映画などでもAIと関わる俳優を観たりして、技術が進んでいく中で、AIとうまく付き合うにはどうすればいいのかということを事務所の方に伝えました。」と明かした。

直人の父・野田誠二を演じる奥田瑛二さんの印象を聞かれ、「まずお顔がかっこ良くて、こんなにお顔のバランスが整っている方がいるんだなと。あと圧倒的に元気で、僕は奥田さんについていくのに一生懸命になってしまうくらい、すごくエネルギーを持った方でした。(奥田さんの次女である)安藤サクラさんとは以前ドラマで共演させていただいたので、そういったお話を出来たりとか、本当に充実した時間を過ごさせていただきました。」と笑顔を見せた。

続いて、介護AIが現実に存在したら?という質問に、「本当に起こりそうですし、(AIなどの進歩に)抵抗するだけではなくて、どういう付き合い方をしたらいいのかと考えています。介護AIがあったら、良い面と悪い面がありそうなので、実際にそういったことが起こってみないと分からないですが、もし出来たら神聖な気持ちになるのかなと思いました。」と回答した。

最後に、直人の母・野田ゆりを演じる岸本加世子さんは、AIとしてスマートフォンから声だけが聞こえてくるという役柄だったが、「あまりない状況ですし、台本を読んだ時にすごく面白いなと感じたのですが、どういう風に撮影するんだろうと思っていました。でも、現場に入ったら、岸本さんが奥にいて下さって、あまり疑問を持たずに自然と溶け込めたというのが現場を経た感想です。その場にいていただけたので、リアクションをとてもスムーズにすることができました。」と撮影を振り返った。

土曜ドラマ「母、帰る~AIの遺言~」は、2019/1/5(土)21:00~NHK総合にて放送。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top