shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

佐藤永典 戦国御伽絵巻「ソロリ~妖刀村正の巻~」開幕!

佐藤永典出演舞台、戦国御伽絵巻「ソロリ~妖刀村正の巻~」が11/2(水)新宿・シアターサンモールで開幕した。

同作は、原作ものの2.5次元舞台が演劇界を席巻している中、あえてオリジナルの書きおろし脚本にこだわり、歴史を裏側で支えた「一人の人間の生きざま」を描いた物語をつくりたいという思いから始まった作品。
人を殺す「刀」ではなく、それをおさめる「鞘」をつくっていた曽呂利新左衛門一族の物語を原案に、殺戮と戦争によって時代を変えた「表」の歴史ではなく、その歴史の「裏」に生きた市井の、生身の人間の話が新たな形で舞台化される。

時は戦国。100年つづいた戦乱に、人々は傷つき、疲れはてていた。
妖刀きらめく戦場を、ソロリ党の後継者・高丸は、のちの天下人・秀吉とともに駆けめぐる。
刀が乱世のすべてを滅ぼす前に、「鞘」は守るべきものの命を救えるのか。「鞘」は「鞘」の“弱さ”を貫き通すことができるのか。
戦国時代から現代へ問う。「鞘」と「刀」、ふたつの道。進むべき道は、どちらなのか。

佐藤は、「刀」の勢力で戦国に平和をもたらそうとしている葵党の党首・葵を幼いころから守り役としてみてきた小平を演じている。小平は主従の関係をこえて、葵に恋心をいだいており、葵が心をひかれかけている高丸が邪魔だと思いはじめるという役どころ。

ソロリ党・高丸は「鞘」と「刀」のはざまで、揺れながらも見出していく道とは…。そして、ばらまかれた妖刀で繰り広げられる、迫力のある殺陣の大立ち回りは必見。
戦国御伽絵巻「ソロリ~妖刀村正の巻~」は、11/2(火)~6(日)まで新宿・シアターサンモールにて上演。
ぜひ劇場でお楽しみください!

■公式サイト
http://sororiemaki.com/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top