shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

柳楽優弥 映画 「銀魂2 掟は破るためこそある」ブルーレイ&DVDリリース/デジタル配信記念トークイベント!

柳楽優弥出演映画「銀魂2 掟は破るためこそある」のブルーレイ&DVDリリース/デジタル配信記念トークイベントが12/18(火)都内で行われ、福田雄一監督と共に柳楽が出演した。

同作は、累計発行部数5,500万部以上、週刊少年ジャンプ(集英社刊)が誇る天下無敵の痛快エンターテイメント「銀魂」の映画化。

物語の核となる“真選組 鬼の副長”土方十四郎と“ヘタレオタク”のトッシーの2つの人格を熱演した柳楽は、MCから今日は“土方モード”か“トッシーモード”かを聞かれ、「トッシーです。」とコメントすると共に、土方とトッシーのポスターを見ながら、「再現度としてはレベル高いですよね?(笑)トッシーは手の感じや(ウエストポーチに付けている)缶バッチ、あと目が漫画とすごく似ていると思います。」とこだわりを語った。

また同作への出演について、「一作目で演じさせていただいたこともあり楽しみでしたが、台本を読み終わった後は、特にトッシーを演じられることが楽しみになりました。大切な役割だったのでしっかり演じないととも思いました。」と話した。

さらに土方とトッシーを演じわけるにあたり、「ビジュアルも含めて全く違うキャラクターでしたが、声のトーンとか難しいことをしっかりキメたいという思いがありました。」と語った。

その後、ブルーレイ・プレミアムエディションに収録されている映像特典の中から、トッシーのアドリブシーン、土方と三浦春馬さん演じる伊東鴨太郎とのアクションシーンで起きた奇跡のNG、そして柳楽が三浦さんとの共演の思いを語るシーンが披露された。福田監督とは2014年に放送されたドラマ「アオイホノオ」でもタッグを組んでいるが、トッシーのアドリブシーンは福田監督から初めて自由に演じていいと言われたそうで、「佐藤二朗さんやムロツヨシさんがいつもやられているのを見て羨ましかった。エミネムみたいな気分でやりました。」とラップのフリースタイルに例えて回顧。さらに、柳楽が放った“カメラがビックリするくらいカメラがビックリしている”というアドリブが福田監督のお気に入りだそうで、“あれは面白かった。実は別のシーンで言っていたのだが、どうしても入れたくて背中を向いているシーンで声だけ使った”と話すと「回っている時にちゃんと言えるように頑張ります。」とアドリブに対する意気込みを語ると会場から笑いが起こった。

三浦さんとの共演を、「子役時代からライバルのような感じ。子役時代、春馬君はオーディションをがっつり取っていくので、僕だけじゃなくて、いろいろな人が春馬君がいると“もうダメだ”って。その後、ひとつ年下ですが同じ高校に行き、高校時代は全く話さなかったのですが、こういう形で共演できて感動しました。春馬君も同じように言ってくれていたので嬉しかったです。」と振り返った。

そして最後に、「本日は本当にありがとうございました。」と挨拶。大歓声の中、イベントは終了した。

映画 「銀魂2 掟は破るためこそある」ブルーレイ&DVDは12/18(火)発売!
ぜひお楽しみください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top