shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

山﨑賢人 Netflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」シーズン2制作決定!

山﨑賢人が主演を務めるNetflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」シーズン2の製作が決定した。

同作は、「週刊少年サンデーS」にて2010年から2015年まで連載後、「週刊少年サンデー」にて2015年から2016年まで連載された、麻生羽呂原作の大人気コミック「今際の国のアリス」の映像化。監督は、これまで映像化不可能と言われてきた漫画原作の実写化を手掛け、主演映画「キングダム」も手掛けた佐藤信介さんが務める。

12/10(木)から配信された本作は、日本国内のメンバーが作品を選んで視聴した回数に基づく総合TOP10で1位を獲得。また韓国、台湾、香港、タイなどアジア諸国に加え、フランス、ドイツ、イタリアなどヨーロッパの世界約40カ国・地域で総合TOP10入りを果たし、“もっとも世界に見られた日本発の実写オリジナル作品”となった。

前作に引き続き、アリス役で主演を務める山﨑は、「色んな方から反響を頂き、この時代に「生きる」ことをテーマにした作品に出会えたこと、演じることができたことを改めて嬉しく思います。シーズン1を超える、面白いものが作れるように。より多くの人に作品を届けられるように。最後までアリスを全うしたいと思います。」とコメントを寄せた。

Netflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」シーズン1は、現在Netflixにて配信中!シーズン2にもぜひご期待ください!

【シーズン1ストーリー】
優秀な弟と比較され続け、人生に意味を見出せず鬱々とした日々を送るアリス。唯一の心のよりどころである親友のチョータとカルベと渋谷に繰り出すと突然、街は無人と化す。不安を感じつつつも、誰もいない解放感にはしゃぐ3人。しかしそこは、様々な“げぇむ”をクリアしなければ生き残ることができない“今際の国”だった…。持ち前の観察力と判断力を発揮していくアリスは、仲間を作らずたった一人で““げぇむ””に挑み続けるクライマーのウサギと出会う。命を懸けるというかつてない体験を通し彼らは、「生きること」に正面から向き合うこととなる。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top