shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

中川大志 映画「犬部!」ティザービジュアル解禁!

中川大志出演映画「犬部!」の公開日が7/22(木・祝)に決定、この度ティザービジュアルが解禁となった。

同作は、2004年頃に青森県十和田市にある北里大学(十和田キャンパス)に実在した動物保護サークル「犬部」を元に、設立した獣医学部の学生をモデルにした主人公の、仲間たちと共に動物を守ろうと奮闘した過去と、獣医師となって一人で新たな問題に立ち向かう現代という二つの時代構成で、かつての「犬部」の仲間たちを再び巻き込んで、信念を曲げずに突き進む奮闘を描いた作品。

青森県十和田市に、一人の変わり者がいた。花井颯太(林遣都)22歳、獣医学部の大学生。子どもの頃から大の犬好きで、一人暮らしのアパートには保護動物がぎっしり。周りからは変人扱いされても、目の前の命を救いたいという一途な想いで保護活動を続けていた。ある日颯太は、心を閉ざした一匹の実験犬を救ったことから、ひとつでも多くの命を救うため、動物保護活動をサークルにすることを思いつき「犬部」を設立。颯太と同じく犬好きの同級生・柴崎涼介(中川)らが仲間となり動物まみれの青春を駆け抜け、それぞれの夢に向かって羽ばたいていった。颯太はひとつでも多くの命を救うため動物病院へ、そして柴崎は動物の不幸な処分を減らすため動物愛護センターへーー。
「犬部」から16年後。獣医師となっても一途に保護活動を続けていた颯太が逮捕されたという報道をうけて、開業医として、研究者として、動物愛護センター所長として、それぞれの想いで16年間動物と向き合ってきたメンバーたちが再集結するが、そこに柴崎だけがいなかった……。

この度、林、中川の2人が、劇中でそれぞれバディになる犬の花子と太郎と共にまっすぐに前を見つめ、互いの愛情と信頼を感じさせるティザービジュアルが解禁。すべての生き物が幸せになるために、動物保護に人生をかける「犬部」メンバーの熱意がしっかりと犬たちにも伝わっていることを感じさせ、彼らの行く末が明るいものであることを願わずにはいられないあたたかな仕上がりとなっている。

さらに、同作の主題歌は、令和最注目のバンドとして脚光を浴びるNovelbrightによる書き下ろしの新曲『ライフスコール』に決定した。中川は、「犬部のメンバーと過ごした時間や、動物達の顔が、疾走感のあるメロディに乗って蘇ってきました。この曲が、苦しかった瞬間さえも優しく包み込んで未来に連れ出してくれる気がします。
「剥き出しの決意をこの胸に僕は立ち向かう」
この言葉が、柴崎として過ごした覚悟を、この先も忘れずにいさせてくれると思います。」とコメントを寄せた。

映画「犬部!」は7/22(木・祝)公開。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top