shadow

prev

next

ニュースNEWS

DVD

横浜流星 Vシネマ「行って帰ってきた烈車戦隊トッキュウジャー 夢の超トッキュウ7号」完成披露記念試写会!

横浜流星出演のVシネマ「行って帰ってきた烈車戦隊トッキュウジャー 夢の超トッキュウ7号」完成披露記念試写会が、5/16(土)に行われた。

シリーズ初の“列車”モチーフと、イマジネーションで大人の姿になった子どもたちが戦うという、斬新な設定が好評を博し、横浜がトッキュウ4号/ヒカリ役で出演した『烈車戦隊トッキュウジャー』(テレビ朝日系)。その作品の面白さをギュッと濃縮した完全新作Vシネマがついに完成!本作では、大人に成長したライトたちと、子どもの頃のライトたちによる、夢の共演が実現!明に隠された驚愕の秘密や、ついに登場する新戦士・トッキュウ7号の活躍など、予測不可能な仰天シーンが目白押しとなっている。

ゼットとの決戦から10年後、シャドーラインがまさかの復活!大人に成長したライトたちが立ち向かおうとするが、イマジネーションがなくなって変身できない!!絶体絶命を迎えたその時!5人は、なぜかタイムスリップして、自分たちが小学校を卒業する前日に到着する。そこには、明とともにトッキュウジャーの卒業式をしようとする、子どもの頃のライトたちの姿があった…。大人と子ども、それぞれのライトたちが辿り着いた、本当の終着駅とは!?

試写会前に行われた舞台挨拶には、大人&子どもトッキュウジャー総勢12名が登壇。横浜は、「皆さん、お久しぶりです。トッキュウ4号を演じました、横浜流星です。今日は皆さんに久しぶりに会えてとてもうれしいです。よろしくお願いします!」と、子どもトッキュウジャーになりきって挨拶をするも、共演者らに「やるならもっと振り切って!」と突っ込まれ、会場は早くも笑いに包まれた。

今回、大人&子どもトッキュウジャーが一堂に会したということで、それぞれお互いの印象やVシネマでの見どころを披露することに。横浜は、トッキュウ4号/ヒカリの子ども時代を演じた山﨑光くんについて、「僕は子どもトッキュウジャーの皆が大好きなんですけど、光のことが一番大好きです。光はやんちゃでかわいらしいんですけど、ヒカリになるとガラッと変わって落ち着いていて、撮影ではいろいろと勉強させていただきました。光はVシネマの中で全部がかっこいいので、ぜひ観てほしいです。」とPR。
一方山﨑くんは、「流星さんは、映画ではクールな役だけど、本当はすごく優しくて、一発芸もおもしろいです!ここでお願いします!」というリクエストに、横浜は「じゃあ…」と覚悟を決めてものまねを披露するも、会場はなんとも微妙な雰囲気に。それでも山﨑くんが、「こんなところが大好きです!流星さんのかっこいいところは、やっぱりおもしろいところです!」と締めると、会場は大きな歓声に包まれた。

Vシネマ「行って帰ってきた烈車戦隊トッキュウジャー 夢の超トッキュウ7号」は、6/24(水)DVD&Blu-rayにて発売!ぜひご覧ください!

■Vシネマ「行って帰ってきた烈車戦隊トッキュウジャー 夢の超トッキュウ7号」
発売日:2015/06/24(水)
【初回生産限定 超全集版】
価格:DVD 6,000円(税抜)/Blu-ray 7,000円(税抜)
封入特典:烈車戦隊トッキュウジャー超全集、映像特典
【通常版】
価格:DVD 4,500円(税抜)/Blu-ray 5,500円(税抜)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top