shadow

prev

next

ニュースNEWS

EVENT

竹内結子 「第28回東京国際映画祭」レッドカーペットに登場!

竹内結子主演映画「残穢(ざんえ) -住んではいけない部屋-」が、「第28回東京国際映画祭」コンペティション部門に選出され、10/22(木)六本木ヒルズアリーナにて行われたオープニングイベントのレッドカーペットに竹内が登場した。

「東京国際映画祭」(以下TIFF)は、日本で唯一の国際映画製作連盟公認の国際映画祭。1985年、日本ではじめて大規模な映画の祭典として誕生したTIFFは、日本及びアジアの映画産業、文化振興に大きな足跡を残し、アジア最大級の映画祭へと成長。いまや最も熱気溢れるアジア映画の最大の拠点である東京に、世界中から優れた映画が集まり、国内外の映画人、映画ファンが新たな才能とその感動に出会い、交流する場を提供する。

第28回目となる今年は10/22(木)~31(土)までの10日間開催し、六本木ヒルズに加え、新宿バルト9、新宿ピカデリー、TOHOシネマズ 新宿ほか、都内の各劇場及び施設で様々な企画・イベントを開催する。

映画「残穢(ざんえ) -住んではいけない部屋-」は、「十二国記」シリーズや「屍鬼」などの作品で熱狂的ファンをもつベストセラー作家小野不由美さんが、「一生で一度しか使えないアイデア」を用いて本格ホラーへ挑んだという渾身の長編ホラー小説「残穢」の映画化。監督は、「白ゆき姫殺人事件」「予告犯」などのヒット作が記憶に新しいミステリーの名手と言われる中村義洋監督が務める。

物語は、ミステリー小説家である「私」(竹内)のもとに、女子大生の久保さん(橋本愛さん)という読者から「今住んでいる部屋で、奇妙な“音”がする」という手紙が届くところから始まる。好奇心に誘われて調査を開始する二人。すると、そのマンション過去の住人たちが、自殺や心中、殺人など、数々の事件を引き起こしていた事実が浮かび上がる。彼らはなぜ、“音”のするその「部屋」ではなく、別々の「場所」で不幸な末路をたどったのか。「私」と久保さんは、数十年の時を経た壮大なる戦慄の真相に迫る。すべての事件をつなぐ“穢(けが)れ”の正体とは?予定調和を許さない驚愕のラストまで、目が離せない。

レッドカーペットで監督・共演者と共にインタビューに応じた竹内は、恐ろしいシーンを何度も演じていたが怖気づいてしまったことはなかったかと聞かれ、「まず台本を手にした時点で怖かったので、読むのに時間がかかりました。」とコメント。さらに、注目して欲しいシーンについて、「試写であまりにも怖くて目をそらしてしまうシーンがいくつもあったので、そこに注目していただきたいです。皆さんの目にどう映るのか、とても楽しみです。」とアピールした。

同作の上映は、10/25(日)17:00~ TOHOシネマズ 六本木ヒルズ SCREEN7、10/27(火)20:50~新宿バルト9 シアター3、10/29(木)11:20~ TOHOシネマズ 六本木ヒルズ SCREEN1にて行なわれる。
(※鑑賞券の購入方法は、「第28回東京国際映画祭」公式サイトにてご確認ください)

なお、一般公開は2016/1/30(土)より全国公開。
竹内結子主演映画「残穢(ざんえ) -住んではいけない部屋-」に、是非ご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top