shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

中村ゆりか 新春スペシャルドラマ「富士ファミリー」取材会!

中村ゆりか出演、新春スペシャルドラマ「富士ファミリー」の取材会が、12/17(木)NHKで行われ、中村が出席した。

同作は、「昨夜のカレー、明日のパン」、「Q10」、「すいか」、「野ブタ。をプロデュース」などで知られる木皿泉さんが脚本を担当、富士山のふもとにあるコンビニとは名ばかりの時代遅れの店『富士ファミリー』の三姉妹を中心に、彼女たちをとりまく面々のちょっと変わった大家族の物語。

長女の鷹子(薬師丸ひろ子)は、一家の大黒柱。自由奔放な次女・ナスミ(小泉今日子)は、東京から夫の日出男(吉岡秀隆)を連れて帰るが、病気で亡くなってしまう。三女の月美(ミムラ)は面倒な店の経営から逃げるため、さっさと嫁いでいた。年の瀬もせまったある日、笑子バアさん(片桐はいり)の前に死んだはずのナスミが現れ、あるメモを見つけて欲しいと言う。ケーキ、懐中電灯、四葉のクローバー、光太郎……ナスミの文字でメモに残された脈絡もない7つの言葉。このメモをきっかけに騒動が巻き起こる…。

中村は『富士ファミリー』に住み込みで働くカスミ(村上果澄)を演じる。

会見にて中村は、「キャストの皆さんが素晴らしい方ばかりで、撮影は緊張と勉強の日々でした。「富士ファミリー」でカスミ役ができて本当に良かったと心が温まりました。みなさんにも観ていただきたいです。」とコメント。

初めて台本を読んだ時の感想について、「自分がいつもと変わらない日々を過ごすなかで、本当にそれでいいのかと悩んだり、でも誰からの一言があって悩んでいた気持ちが整えられたりすることが、自分にとって大きな存在なんだと勇気づけられました。」と話した。

さらに、自身が演じたカスミについて、「家族や仕事から求められてそれに応えていくことばかりで、流されて生きていくことが本当に良いことなのかと思いながら富士ファミリーに辿り着き、富士ファミリーの方たちの温かい言葉や、鷹子さんからの“大丈夫じゃない時は、大丈夫じゃないって言う”という言葉は、カスミの心に閉じ込められていたものが開かれていくような、カスミにとって大きな言葉だったのではないかと思っています。」と語った。

また、自身の好きなシーンを聞かれ、「先ほども言ったのですが、“大丈夫じゃない時は、大丈夫じゃないって言う”という言葉がカスミにとってターニングポイントになっているので、印象に残っています。あとは、笑子さんとマツコロイドのシーンのセリフがとても胸に刺さりました。」と答えた。

新春スペシャルドラマ「富士ファミリー」は来年1/2(土)21:00~NHK総合にてO.A!ぜひお楽しみください。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top