shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

市原隼人 出演映画「星ガ丘ワンダーランド」プレミア試写会!

市原隼人出演映画「星ガ丘ワンダーランド」のプレミア試写会が2/10(木)新宿バルト9で行われ、市原が登壇した。

同作は、数多くのCMやMVを手掛け、世界各国の広告賞に輝いたCMクリエイター・柳沢翔さんが完全オリジナル脚本で挑む映画監督デビュー作。幼少期に母親に捨てられ、駅の落とし物預かり所で働く青年が母親の自殺を知ったことから、その後の人生が変化していく様が描かれ、切なくも、心温まる至極のミステリーが完成した。

星ガ丘駅の近くにある、今は閉園してしまった遊園地、星ガ丘ワンダーランド。
駅の「落し物預り所」で働く主人公・温人は、落とし物の持ち主を想像しては似顔絵を描くことが日課だった。
そんなある日、20年前に姿を消した母の訃報が届いた。かつて笑顔と喜びにあふれていたワンダーランドで自殺をしたという。
その死をきっかけに、温人は離れ離れになっていた兄、そして義理の姉弟と出会うことになる。
そして彼らが出会うとき、閉ざされていた過去が明らかになっていく…。

市原が演じるのは、ゴミ清掃会社で働く楠仁吾。仁吾は預り所で廃棄処分になった落し物を探しに来た温人と知り合い、温人の閉ざした心を開いていくキーパーソン的な存在だ。

舞台挨拶で市原は、「繊細で、1つ1つ丁寧で、美しい映像の中に収めていただいて、嬉しく思っています。素敵な映画なので楽しんでご覧ください。」とコメント。

撮影で印象に残っていることを聞かれ、温人演じる中村倫也さんとのシーンを振り返り、「実際のゴミ処理場で撮影をさせていただいたのですが、山積みになっているゴミが光に照らされているのが妙にキレイでした。人が捨てたものって、いろいろなものを帯びているんだなと。そこで(中村倫也さんと)お互いが心を許して遊ぶシーンの撮影があって、自由芝居をさせてもらったのですが、ゴミの中でそんなことをしていたので、次の日に高熱を出して寝込んでしまいました(笑)。」とエピソードも交えて話した。

この日は、謎の死を遂げた母がきっかけで家族が出会い、真相を明らかにしていくという同作の内容にちなんで、各キャストによる親自慢コーナーが行われた。市原は“優,強”と記し、「小さい頃からやんちゃだった自分を育てていただいたこと。あとこの前、“人は誰でも考え方一つでヒロインになれる”とポロッと優しく話してくれて、子供に生まれて良かったと思いました。」と心温まるエピソードを話すと、登壇者から“1番ちゃんとした話”と声があがった。最後は温人の母親役の木村佳乃さん、父親役の松重豊さん、そして柳沢監督による判定が行われ、中村倫也さんの親のDIY自慢が1番となったが、主役だから選んだという理由が明かされ、会場が笑いに包まれた。

映画「星ガ丘ワンダーランド」は3/5(土)全国ロードショー。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top