shadow

prev

next

ニュースNEWS

EVENT

小松菜奈 「第5回Ready for Lady 春の学園祭」出演!

小松菜奈が3/3(木)都内で行われた「第5回Ready for Lady 春の学園祭」に出演した。

朝日新聞社が、人気女性ファッション誌「JJ」とコラボレーションし、5回目となる「春の学園祭」を開催。今年のステージコンセプトである“新聞”を読み広げるように、“ガールからレディへ”をテーマにJJモデルによるファッションステージをはじめとしたゲストによるトークショー、就活やビジネスシーンに役立つ参加型講座、協賛企業ブースなどが設置され、「JJ」の連載でおなじみの女子大学生集団『ハレ女委員会』の協力も携え、“素敵な女性になりたい!”と願う総勢2,000人の女性たちへ向けた新生活にうれしいたくさんのニュースを6時間半に渡って届けた。

小松は、CMキャラクターを務めている『インテグレートステージ』に出演。淡いパープルが印象的なサンダルと春にぴったりといった雰囲気の腕をすっきりと出した白のレースワンピースを身にまとい登場すると、来場者から“菜奈ちゃん”という黄色い歓声があがっていた。

その後行われたトークコーナーでインテグレートの新製品『ビューティーフィルターファンデーション』について、「お粉なのにしっとりなめらかで、付けていて気持ちが良いです。女性にとってお肌が大事なので気分が上がります。」と紹介。また、『“大人カワイイ”for Lady』ステージにも登場し、美肌の秘訣は?と聞かれ、「メイクを取る時にスチーマーをしながらメイクを取ると肌にも良いしダメージが少ないというのを聞いてやっています。」とコメントした。

さらに、外見だけではなく内面からにじみ出てくる美しさを磨く秘訣として、「楽しむことです。お仕事をしてその後に自分へのご褒美として旅行へ行ったり、自分の時間ってすごく大事だなって思います。それがあって仕事も頑張れる。趣味だったり、友達としゃべったり、公園に行ってブランコ乗ったり(笑)。自分が楽しいって思えることが大事なのではないかと思っています。」と話した。

また、自分の印象を変えるためにメイク方法を変えますか?という質問に、「私はアイラインを引くことが多く基本は黒ですが、気分や服に合わせて赤とか緑とか、今日は目元だけとか、目元なしでリップだけとか、私服の時もモノトーンが多いと暗くなっちゃうのでカラーを取り入れながら楽しんでいます。」と回答した。

イベントではコスメ・ファッション以外にも仕事に関するトークが繰り広げられ、新社会人になる方へ向けて、新しい仕事を始める時に意識していることを問われ、「第一印象がすごく大事だと思います。また、笑顔で元気よくしていると周りの人も明るくなったりもすると思うので、心がけるようにしています。」と話した。

仕事のモチベーションを保ち続けるために心がけていることについて、「美味しいものを食べることです。仕事が大変な時も美味しいものがあれば元気になるし、食べるのが大好きです。」と答えると、一番好きな食べ物を聞かれ、「肉。」と笑顔でシンプルに述べた。

最後に来場者へ向けて、「ファッションでもメイクでも自分に合わないなって考えてしまうこともあると思いますが、挑戦してみると、意外とこの色も似合うんだとかこのメイクが私に似合ったりするんだなとか新しい発見もある。挑戦することが大事だなと思います。私も頑張ります。」と語った。

小松は雑誌、映画、CMなどで活躍中!ぜひ今後の活動にもご期待ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top