shadow

prev

next

ニュースNEWS

EVENT

豊田エリー 「春のメッセージフェスタ THANKS KITTE」トークショー!

豊田エリーが、3/20(日)JPタワー商業施設「KITTE 」(キッテ)1 階 アトリウムにて行われたイベント「春のメッセージフェスタ THANKS KITTE」のゲストトークショーに出席した。

日本郵便株式会社は、JPタワー商業施設「KITTE」の開業3周年を記念して、3/19(土)から4/3(日)まで、 3周年記念イベント「THANKS KITTE」を開催。
「KITTE」でしか手に入らない手紙がデザインされたオリジナルトートバッグを配布するほか、 物販・飲食をはじめとした館内各店舗で、3周年限定のアイテム・オリジナルグルメの販売・提供や、お買物食事券が当たるスクラッチキャンペーンを実施。

イベント開始から最初の3日間に開催された「春のメッセージフェスタ in THANKS KITTE」は、著名人によるトークショーのほか、マスキングテープ「mt」を使ったポストカードボックスのデコレーション、イラストレーターのYuzukoさんによる手づくりのカード 作成など様々な手紙に関するワークショップ、日本郵便のキャラクター「ぽすくまと仲間たち」と 一緒に写真撮影できるグリーティング、さらにグリーティング切手「春のグリーティング」を販売。
4月からの新生活を前に「応援メッセージ」や「新年度に向けた挨拶」「感謝の気持ちを伝える」手紙の書き方など、手紙の楽しさや面白さに触れることで手紙を書きたくなるイベントとなっている。

トークショーに登場した豊田は、初来館だと話す『KITTE』の印象について「吹き抜けが気持ちいいですね。スタイリッシュですし、素敵なお店も沢山入っているので、今度ゆっくり買い物したいなと思いました。歩いてふらふらとお散歩するだけでも楽しそうです。」とコメント。

同イベントにちなんで手紙にまつわるエピソードを聞かれると「中学校2年生から、このお仕事を始めたんですけど、最初の頃はオーディションの日々で、そんな時に仲の良いお友達に『頑張ってね』というお手紙を貰って、それをお守り代わりにしてオーディション会場に行っていました。その学生時代のお友達とは今でも仲良くしているので、手紙が仲を繋いでくれたと思います。今も年賀状を送ったり、誕生日だったら凄く長文のお手紙のやりとりをしたり、今でもよく会うんですけど手紙は改めて『今までありがとう』と伝える良い機会になるので凄く良いですね。」と笑顔で語った。

手紙を送る際のこだわりについては、「絵を描くことが好きなので似顔絵を描いたり、飾りでシール、あと手紙だけだと思ったらアクセサリーが封筒から出てくると嬉しいと思うのでそういった小物を1つ入れたり…。」と紹介。

ファンレターの話題が挙がると、「14歳の時に一時期アイドルだったんですけど、毎日ライブの日々でその時にファンレターを初めて貰って、それを未だに鮮明に覚えています。手書きのお手紙をくれたんだから、(その方が)『(豊田エリーを)中学生の頃から知っていた』と自慢できるくらい頑張らなきゃなと今でも意気込みになっています。その初めてのファンレターから今までのものも全部取っておいてあります。」と明かした。

豊田の撮影した写真を紹介するコーナーでは旅行の際に撮った写真が並び、旅先での楽しみを聞かれると、「自分に自慢の手紙を書きます(笑)。旅行に行くと日記も書いたりするんですけど、自分からの手紙が届くとその時の情景がより浮かんできて、タイムカプセルを開けたみたいで面白いです。」と声を弾ませた。

最後はご来場いただいた皆様に向けて、「今日は今まで自分が書いたお手紙だったり貰ったお手紙を改めて思い出して、手紙って本当に素敵なものだなと思いました。やっぱり手紙ならではの温かみだったり、その時の気持ちがこもるものだと思うので、皆さんもお家に帰ったらゆっくり時間をかけて大切な人にお手紙をぜひ書いてみてください。」とメッセージを送った。

「THANKS KITTE」は、2016/4/3(日)まで「KITTE」1 階 アトリウム、4 階 旧東京中央郵便局長室にて入場無料で開催中。また、2016/4/21(木)には「KITTE博多」が、同年6/17(金)には「KITTE名古屋」がそれぞれ開業予定となっている。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top