shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

濱田岳 出演映画「世界から猫が消えたなら」初日舞台挨拶!

濱田岳出演映画「世界から猫が消えたなら」が5/14(土)公開初日を迎え、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われた舞台挨拶に濱田が登壇した。

同作は、2013年の本屋大賞にノミネートされ、その後、文庫化、コミックス化、そして中国、韓国、台湾で出版、累計発行部数120万部を突破した川村元気さんの同名小説の映画化。

主人公・僕は30歳の郵便配達員。愛猫・キャベツとふたりぐらし。
母を病気で亡くしてから、実家の父とは疎遠になっていた。
恋人はおらず、趣味は映画鑑賞。友だちは映画マニアの親友が一人だけ。
そんな彼が、ある日突然、余命わずかの宣告を受けてしまう。
ショックで呆然とする彼の前に、とつぜん、自分と同じ姿をした悪魔が現れてこう言った。
「世界から何かひとつ、ものを消すことで、1日の命をあげよう」…。
悪魔のささやきに乗せられた主人公は、次々とものを消していく。電話、映画、時計、そして、猫。
ところが、何かを消すと、大切な人たちとの思い出も一緒に消えてしまうことになり…。

濱田は主人公・僕の唯一の親友で、映画マニアのレンタルビデオ店店長・ツタヤ(本名・タツヤ)を演じている。

上映後に行われた舞台挨拶で濱田が、「僕自身、このような映画に参加できたことが、とても嬉しく…」と話したところで、会場からクスクスと笑いが。「まだ面白いこと言ってないですよ。今日はありがとうございます。」とコメントを締めくくると佐藤健さんが、“たぶん半ズボンだからだと思うよ”と指摘し、「いいじゃないか、半ズボンだって…」と少しすねた様子で発言。そのやりとりに会場から笑いが起こった。

また、撮影について、「撮影日数が短かく、撮影が終わってイカを食べて、飲んで、ですかね(笑)。佐藤健君と初めて共演させてもらったのですが、同級生とお仕事をすることが少なかったので、セリフのキャッチボールをして刺激になりましたし、幸せな時間でした。」と振り返った。その後、MCが佐藤さんへ濱田の印象を尋ねると、「緊張するからやめて」と言っていた濱田だったが、“原作を読んだ時にツタヤは難しい役だと思ったので、ツタヤ役が濱田岳君だと聞いて嬉しかった”と佐藤さんが話すと、ガッツポーズを取りながら喜びを表現していた。

この日は、佐藤さん演じる“僕”の愛猫“キャベツ”こと、パンプ君も登場。久しぶりの再会に笑顔がこぼれる登壇者、そして佐藤さんの腕に抱かれながらおとなしくしている様子に、会場からも“カワイイ”という声が上がっていた。

そして最後に、「ご覧いただいた時間帯や、その日皆さんに起こったことなど、いろいろな状況で様々な楽しみ方ができる作品。その都度、この映画は皆さんに優しくしてくれると思います。素敵な1本にしていただきたいです。ツタヤでした。」とメッセージを送った。

映画「世界から猫が消えたなら」は現在大ヒット公開中。
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top