shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

葵わかな 映画「サバイバルファミリー」出演決定!

葵わかなが、2017年公開の映画「サバイバルファミリー」に出演することが発表された。

同作は、『ウォーターボーイズ』をはじめ数々の大ヒット作で、いまや日本の娯楽映画の頂点に立つ矢口史靖さん監督・脚本による、「電気」消滅の世界を家族が旅する空前絶後のサバイバルムービー。
誰も観たことのない世界を、徹底してリアルに描きながら、矢口監督流のユーモアもふんだんに盛り込まれつつ、物語は急転直下、どん底まで突き落とされた過酷な旅のその先に、誰もが大切な家族のことを思わずにはいられない大きな感動が待っている。

ある日、突然サバイバルが始まった――――!?
東京に暮らす平凡な一家、鈴木家。お母さん(深津絵里)が話しかけても、お父さん(小日向文世)はテレビに夢中、息子(泉澤祐希)はヘッドホンから流れる音楽に夢中、娘(葵)はスマホでLINEに夢中。一緒にいるのになんだかみんなバラバラな、よくある家族。
そんな鈴木家に起こった緊急事態!ある朝起きたら、電化製品が全部とまってる!!我が家だけのことかと思ったら、お隣もそのお隣も、そのずーっとお隣も。
電化製品ばかりじゃない。電車に自動車、そればかりかガスや水道まで。連絡しようにも電話が通じない、会社に行くにも電車が動かない。
1日だけ我慢すればと思ったのに、翌日になっても、その翌日になっても状況は変わらない。
ただの停電かと思っていたけれど、どうもそうじゃない…。突然訪れた超絶不自由な生活にほとほと困ってしまう人々。
そんな中、亭主関白な父・義之が下した一世一代の大決断!
≪東京を脱出する!≫
全ての電気が消えた世界の中で、家族に未来はあるのか!?超ダメ親父は、家族を守り切れるのか!?
今、鈴木家のサバイバルライフの幕があがる!!

葵は、鈴木家の長女・結衣を演じる。学校ではおしゃれグループに所属し、私服は派手でメイクはつけまつげが命という見た目に、携帯にはLINEの着信がひっきりなしという高校一年生。

矢口監督作品への初出演が決定し、「作品に対してこだわりと独自のワールドがある方なんだと感じていたので、そこに私も溶け込んでいけるかドキドキでした。監督と役についてなどお話をさせてもらっている時は、ハッとなる事が多くて自分の未熟さにがっかりする時もありました。それでも、ダメな部分を気づかせていただけるやりとりが楽しくもあって、名前を呼ばれた時は不安と嬉しさがいつも混じっていました(笑)。」と心境を語った葵。

撮影は、仙台、山口をメインに、大阪、神戸、静岡、千葉、横浜、羽田空港と、天候や時間と戦いながら昨年9月から11月までの約2か月半の間、日本全国でオールロケを敢行。撮影中はもちろん、宿泊なども一緒だったという鈴木家の面々は、時に過酷な撮影も一家一丸となって乗り換え、ストーリー同様、撮影を通じて家族の結束を高めていたという。共演者について葵は、「小日向さんも深津さんも、お兄ちゃん役の泉澤さんも、初めてお会いする時には、やはり緊張しました。みなさんが何事もなく普通に話しかけてくださって、段々と私も普通に話せるようになったという感じでした。地方ロケだったので、家族4人で小日向さんや深津さんにご飯になんども連れて行っていただいたり、移動の車もずっと4人一緒でいつの間にか鈴木家専用のようになっていたり。過ごす時間が増えていくにつれて、クランクアップが寂しかったです!現場での振る舞いやお芝居についても勉強ばかりで、本当に貴重な体験になりました。」と撮影中のエピソードを交えて話した。

そして最後に、「今の時代にきっといるだろうなぁという4人家族が作品の中でどう変わっていくのかを観て欲しいです。大変な出来事もコミカルに描かれていて、見やすくもあり、みなさんが色んな事を考えてくれるきっかけになれば嬉しいです。」とメッセージを送った。

映画「サバイバルファミリー」は、2017年全国東宝系にて公開。
ぜひご期待ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク
  • シェア

pagetop

page top