shadow

prev

next

ニュースNEWS

EVENT

葵わかな NHKスーパーハイビジョン試験放送開始記念式典に出席!

葵わかなが、8/1(月)東京都渋谷NHK放送センターで行われた「NHKスーパーハイビジョン試験放送開始記念式典」に出席した。

NHKは、本日より「スーパーハイビジョン」の技術検証と普及促進を目的に、BSで試験放送をスタート。
「スーパーハイビジョン(4K・8K)」とは、テレビ映像の美しさを表す画素数がハイビジョンを超え、「4K」は4倍、「8K」は16倍で構成されていることによって、超高精細な映像を映し出す次世代のテレビ技術となる。そして、聞く人を包み込む「5.1チャンネルサラウンド(4K)」、「22.2マルチチャンネル(8K)」の立体的な音響によって、その場にいるかのような圧倒的な臨場感を体験することができる。
今後は、2018年に実用放送、さらに東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に、本格的な普及を目指して、「4K・8K」の番組を充実させていく。

式典に司会者として出席した葵は、「実用化に向けた試験放送が開始されるということで、ワクワクしています。」とコメント。

「スーパーハイビジョン」を体験した感想を聞かれ、「『この夏スタート。NHKスーパーハイビジョン』という番組に出演した時に見させていただきました。空から撮影された映像で、私が立っているところから先が窓ガラスで、そこから街を見下ろしている感じがして、車とか人とか、隅々まで見えて、実物と間違えるくらい鮮明でした。」と答えた。

試験放送は、全国のNHK放送局などの他に、『NHKみんなの広場ふれあいホール』、NHK放送博物館の『愛宕山8Kシアター』、有明の『パナソニックセンター』、丸ビル『MARU CUBE』でもオリンピック期間中を中心に体験することができる。葵は、「ぜひ私も見に行きたいです。リオのオリンピック開会式とか、すごく鮮やかなのではないかと思います。8Kで見るとどんな感じに見られるのか、気になります。」と回答。そして、見るのが楽しみな競技を聞かれ、「体操です。また、競泳では、水しぶきが8Kだったら映るのではないかなと思います。」と笑顔で話した。

その後、試験放送開始までのカウントダウンが執り行われ、ステージ上に試験放送開始のスイッチとなるボタンが登場。この様子が全国の放送局を通じて視聴者へ届けられる中、カウントダウンを前に葵は、「全国の皆さんも今か今か、と開始を待ち望んでいると思いますし、ライトも当たって緊張しています。」と話し、“3、2、1、スタート!”の合図でボタンが押された。そして、試験放送が開始された感想を問われ、「“このボタンから始まるんだ。”と思い、気持ちを込めて押させていただきました。」と感想を語った。

最後に、「今日、お手伝いをさせていただいて、テレビは日々進化しているのだなと、肌で感じました。夏休みのこの時期に、皆さんぜひ全国の各会場にお立ち寄りいただき、迫力あるスーパーハイビジョンの映像と、音声を体感してください。」とPRし、式典を締め括った。

NHKは、8月に特別編成で、「4K・8K」の魅力を伝える様々な番組や、過去のオリンピックのハイライトの放送、また、リオオリンピックに向けた番組を放送する。
ぜひご期待ください! 
  • はてなブックマーク

pagetop

page top