shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

中川大志 映画「四月は君の嘘」完成披露試写会!

中川大志出演映画「四月は君の嘘」の完成披露試写会が、8/3(水)都内で行われ、新城毅彦監督、広瀬すずさん、山﨑賢人、石井杏奈さんとともに中川が出席した。

2011年5月から2015年3月にかけて「月刊少年マガジン」(講談社刊)にて連載され、“泣けるラブストーリー”として第37回講談社漫画賞を受賞したほか、2014年10月から放送されたアニメも「SUGOI JAPAN Award2016」でアニメ部門第一位を獲得するなど、各界から高い評価を受けている漫画「四月は君の嘘」。
累計発行部数500万部を突破(2016年7月現在)する大人気ベストセラーが、『僕の初恋をキミに捧ぐ』(09)、『潔く柔く』(13)など、淡く揺れ動く心情を丁寧に描くことで知られる恋愛映画の名手・新城監督の手により、待望の実写映画化を果たす。

完全無欠、正確無比、ヒューマンメトロノームと称された天才ピアニスト・有馬公生(山﨑賢人)は、母の死を境にピアノが弾けなくなってしまう。高校2年生となった4月のある日、公生は幼馴染の澤部椿(石井杏奈さん)と渡亮太(中川)に誘われ、ヴァイオリニスト・宮園かをり(広瀬すずさん)と出会う。勝気で、自由奔放、まるで空に浮かぶ雲のように掴みどころのない性格――そんなかをりの自由で豊かで楽しげな演奏に惹かれていく公生。「友人A君。君を私の伴奏者に任命します」かをりの強引な誘いをきっかけに公生はピアノと“母との思い出”に再び向き合い始める。しかしそんな中、公生はある時彼女の秘密を知ってしまう…。いったい彼女の秘密とは――。

中川が演じる渡亮太は、公生や椿の幼い頃からの友人。サッカー部に所属しており、運動神経がよく、お調子者で、とにかく女の子にモテる。一方で友達思いの一面もあり、公生や椿のことを気にかけているという役どころ。

この日は“さくらプレミア”と題し、会場にはタイトルの「四月」にちなんだ桜色のカーペットが敷かれ、桜舞い散る中、登壇者が登場。【桜】カラーのワンポイントファッションを身にまとい、黄色い声援に応えながら会場を練り歩いた。

ステージに到着し中川は、「皆さんこんにちは。今日のチケットは倍率が350倍だそうで、僕のファンの方がいるか心配していたのですが、ちゃんと勝ち抜いてきてくれて…。短い時間ですが、楽しんでいってください。よろしくお願いします。」と挨拶。

山﨑演じる公生と広瀬さん演じるかをりの演奏シーンでは、実際に観客席から観ていたそうで、その感想を聞かれ、「すごかったです。最初に観た時は鳥肌が立ちました。半年前から練習していたことも聞いていて、賢人とすずが頑張っているのに、自分はなにをやっているんだろうって。帰り道は走って帰りました(笑)。」とかなりの刺激となった様子だった。

また、撮影中、もしくは劇中で青春だなと思ったエピソードは?という質問があがり、「予告にも使われていますが、4人が自転車で海沿いを疾走するシーンです。」と回答。中川が広瀬さんを、石井さんが山﨑を後ろに乗せて走るシーンとなっているが、石井さんから“大志くんがスピードを出すのでそれについていくのが大変だった”と告白され、「今になって文句?(笑)ごめんなさい。疾走感が大切だなと思ったので…もう少し気を使わなきゃいけないですね。すみませんでした!」と平謝りしていた。

その後、MCから4人の中で演じた役柄に一番近い人は?という質問を受け、それぞれを指さす中、唯一自身を指さした中川。山﨑から“大志、俗に言うスベッてるってやつだよ”とツッコまれ、「あまりウケてないですか?リアルに渡亮太は僕と似ている部分があると思っています。渡は良いことを言うのですが、僕も普段から明言を言うキャラクターなので、そこがすごく似ているかなって。」と話しながらも周りが苦笑いをしているのを察して、「すみません。ふざけちゃいました。」と話し、会場の笑いを誘っていた。

映画「四月は君の嘘」は、9/10(土)全国東宝系ロードショー!
一つの嘘が奇跡を起こす、切ない青春ラブストーリーに、ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top