shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

山田孝之 映画「何者」完成披露舞台挨拶!

山田孝之出演映画「何者」完成披露舞台挨拶が8/30(火)TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われ、三浦大輔監督、佐藤健さん、有村架純さん、二階堂ふみさん、菅田将暉さん、岡田将生と共に山田が登壇した。

同作は、平成生まれの作家・朝井リョウさんが直木賞を受賞し、大きな話題を呼んだ同名小説の映画化。デビュー作『桐島、部活やめるってよ』で等身大の高校生を描き切った朝井さんが今回挑んだのは、就職活動を通して自分が「何者」かを模索する5人の大学生たち―。お互いを励まし合いながらも、友情、恋愛、裏切りといった様々な感情が交錯していくリアルすぎる青春映画が誕生した。

山田は、主人公・拓人が所属していた演劇サークルの先輩で、5人を冷静に観察している達観先輩系男子・サワ先輩を演じる。

この日、予定されていたレッドカーペットイベントが台風接近で中止となったため、登壇者は舞台挨拶で客席に敷かれたレッドカーペットを歩きながら登場。山田は、「どうも山田です。ずっと南の方にいたんですけど、今日の舞台挨拶に“やべー間に合わねぇ”と思って台風の風に乗ってきたんですが、そのせいでレッドカーペットをなくしてしまってすみません。新聞の一報出しの時に言ったように、僕はこのスターキャストが集まっているとこに便乗してしまおうっていうだけの気持ちで来たので、あんましゃべることはないんですけど、よろしくお願いします。」と笑いも交えて挨拶した。

登壇者は黒を基調とした衣装での出演となったが、それぞれ異なるさし色が入ったアイテムをコーディネート。佐藤さんがその理由を、“5人で現場にいることが多く『ゴレンジャーみたいじゃね?戦隊ものじゃね?』という話をしていた。『何者』はそれぞれ役の個性が違うので、色を変えて壇上に立ったほうが作品に合うのではないかと思った”と話し、それぞれの色を説明するなか、ゴールドをワンポイントにおいた山田は、「色がどうこうっていうより、“ゴレンジャーじゃね?”って(語尾を)全部上げるんだっていうのがずっと気になっていて。全部上げていくんだなって。」と身振りと共にコメント。それを受けて佐藤さんが笑いながら“僕の話しですか?言っていただいてありがとうございます”と話し、そのやりとりに笑いが起こっていた。

その後、出演映画『バクマン。』の時に、高校生役を演じた佐藤さんに“見えない”とツッコミを入れていたが、今回大学生を演じたキャスト陣はどう見えたか?と聞かれ、「大学生に見えましたよ。それは実年齢とか関係ないですからね、役をやっている時は。そんなことよりもこの『何者』のフォントがすごくいいなって。」とカーペットに書かれていたタイトル字をまじまじと眺めだした山田。「なんだろう。ずっとそれを思って、なんでこんなにいいんだろうか。」と質問から脱線するも、自らの流れで話しを締めくくった。

映画「何者」は10/15(土)全国ロードショー。ぜひご期待ください!

【ストーリー】
就活の情報交換のために一つの部屋に集まった、5人の22歳。かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。人一倍「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。海外ボランティアの経験、サークル活動、手作り名刺、SNS、業界の人脈…。様々なツールを駆使して戦っていく就活生たち。企業に入れば「何者」かになれるのか、自分は「何者」になりたいのか——。そんな疑問を抱えて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、一緒に過ごすうちに、就活のやり方やスタンスに嫌悪感を覚えることもあり、徐々に人間関係が変化していく。そして拓人はサークルのOBのサワ先輩(山田孝之)に相談するも、思うようにいかない現実に苛立ちを隠せなくなる。やがて「内定者」が現れたとき、抑えられていた妬み、本音が露になっていく。そして、ようやく彼らは自分を見つめ直す。
果たして自分は「何者」なのか。

(敬称略)
  • はてなブックマーク
  • シェア

pagetop

page top