shadow

prev

next

ニュースNEWS

EVENT

山口もえ 「蟹取県ウェルカニキャンペーン」記者発表会に出席!

山口もえが、8/31(水)とっとり・おかやま新橋館にて行われた「蟹取県ウェルカニキャンペーン」記者発表会に出席した。

カニの水揚げ量日本一の鳥取県は、9/1(木)のベニズワイガニ漁解禁に合わせて、観光促進キャンペーン「蟹取県ウェルカニキャンペーン」を開始する。同キャンペーンは、鳥取県に宿泊された方の中から抽選で「松葉がに」や「ベニズワイガニ」など「鳥取のカニ」が当たる観光誘客キャンペーンで、9/1~2017/2/27の期間中、県内の対象旅館・ホテルに宿泊し「宿泊証明印」を押した専用ハガキでご応募いただくと、抽選で毎月100名様に“旬のカニ”をプレゼントする。

鳥取県は、民間調査で「女性のストレスオフ日本一」となったことから、“おっとりジェンヌの故郷“とも言われているといい、“おっとり”イメージの山口が登場。平井伸二鳥取知事と、鳥取のカニや温泉の話、話題の「スナホ・ゲーム解放区宣言」など、鳥取県の魅力についてトークショーを行った。

さまざまな魅力を持つ鳥取県だが、野菜ソムリエの資格を持つ山口は野菜にも注目しているといい、「鳥取県といえば、ブロッコリーやネギ、やまいも、らっきょうなど、おいしいお野菜がたくさんありますよね。らっきょうと言えば、酢漬けとか生で食べることが多いと思うのですが、実は熱を加えると、糖度で言ったらメロンよりも甘くなるんです。だから、家ではらっきょうの天ぷらをよく食べます。」と語った。

さらにホリスティックビューティアドバイザーの資格も持つ山口は、「この資格は、心も体も外見も美しくなろうという資格なのですが、まさに鳥取県はおいしいものがたくさんあって体にいいですし、鳥取砂丘は目にも心にも良いと思います。温泉もありますし、リラックスできますね。」と話した。

イベントには、鳥取県出身の宇仁菅真さん扮するキャラクター「カニダー/カニ取団」も登場し、ブランド蟹である特選とっとり松葉がに「五輝星(いつきぼし)」を紹介。「五輝星」は、厳しい基準をクリアしたブランド蟹で、昨年全国で一番高い、一杯70万円の値がついたという。山口は、「鳥取県はカニのイメージがあまりなかったのですが、五輝星のようなブランド蟹もあるということでぜひ食べにいきたいなと思いました。たくさんの方に蟹取県・鳥取県にお越しいただいて、おいしいものを食べて、鳥取砂丘を楽しんだり、温泉にも浸かって、心も体も癒してもらえたらいいなと思います。私も家族で行きたいと思います。」と笑顔で語った。

最後は「蟹取県へウェルカニ~!」と呼び掛け、会場が拍手に包まれる中、発表は幕を閉じた。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top