shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

林遣都 映画「にがくてあまい」初日舞台挨拶!

林遣都出演映画「にがくてあまい」が、9/10(土)公開初日を迎え、TOHOシネマズ新宿にて行われた舞台挨拶に、監督・共演者とともに林が登壇した。

同作は、2009年よりWEBコミック誌「EDEN」(マッグガーデン)で無料配信、2016年5月には惜しまれつつもコミックス最終12巻が発売され、韓国、台湾、香港などでも翻訳されるなど各国で愛される“食と愛”をテーマにしたベジタリアンフード・コミック「にがくてあまい」を草野翔吾監督により実写映画化。食べ物を通して、野菜嫌いなキャリアウーマン・江田マキや、ゲイのベジタリアン・片山渚、彼等を取り巻く愛すべきキャラクター達が、ありのままの姿で一生懸命毎日を楽しく生きようとするドラマが交差し、笑って泣ける映画が誕生した。

容姿端麗で野菜嫌いなキャリアウーマン・江田マキ(川口春奈さん)は、ある日イケメンの男子校美術教師・片山渚(林遣都)と出会い一方的に恋に落ちる。新しい出会いと同居相手を探していたマキは、渚の家にころがり込むことに。しかし、渚はなんとゲイのベジタリアンだった!それでも、渚の作る野菜たっぷりの料理に癒されていくマキ。マキが野菜嫌いの原因となった父親・豊(中野英雄さん)との確執。家族との過去を乗り越えられず苦しんでいる渚。それぞれが抱える問題を解決していくうちに、お互いが“大切な人“に変わっていく…。

上映前舞台挨拶に登壇した林は、「今日は朝早くからお集まりいただきましてありがとうございます。朝早いので、心なしか(会場が)静かに感じますが、おもしろい話をたくさんしていきたいと思いますので(笑)、よろしくお願いします。楽しんでいってください。」と挨拶。

草野監督の現場について、「感動したエピソードがあって、現場の撮影チーフカメラマンさんやスタッフさんに重鎮の方たちがいたのですが、大掛かりなカットを撮って、OKが出て、次の準備に取り掛かっているときに、監督がすごく申し訳なさそうにもう1回撮りたいと言って。そのとき、僕も話せないぐらい怖いカメラマンさんが、“もう一回やるぞ”と渋い顔で言ったときに、皆がこの監督についていこうと思っているんだなというのを感じて、印象的に残っています。」と明かした。

さらに映画のタイトルにちなみ、○○が嫌いだったけど、○○のおかげで好きになった!という“にがあま”エピソードを披露。林は、「僕は小さいころから唯一、食べ物の中で梅干しだけ食べられなくて…。でも昨日食べました。梅干しは夏場にいいですし、蚊にもさされなくなると聞いて、昨日梅干し入り冷麺を食べたのですが、ちょっといけるかもしれないと思っています。有難くお仕事をさせていただいている日々の中で梅干しが食べられるようになりました。」と語った。

この日は、同作が10月に香港、年内には韓国、台湾で公開、さらにシンガポール日本映画祭、ハワイ国際映画祭の正式招待作品となったことが発表。最後に監督からキャストへサプライズで感謝の花束が贈られ、会場が拍手に包まれる中、舞台挨拶は幕を閉じた。

映画「にがくてあまい」は、TOHOシネマズ新宿ほか全国公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top