shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

太賀 「第29回東京国際映画祭」レッドカーペットに登場!

太賀出演映画2作品が「第29回東京国際映画祭」の各部門に選出され、10/25(火)六本木ヒルズアリーナにて行われたオープニングイベントのレッドカーペットに太賀が登場した。

「東京国際映画祭」(以下TIFF)は、日本で唯一の国際映画製作連盟公認の国際映画祭。1985年、日本ではじめて大規模な映画の祭典として誕生したTIFFは、日本及びアジアの映画産業、文化振興に大きな足跡を残し、アジア最大級の映画祭へと成長。いまや最も熱気溢れるアジア映画の最大の拠点である東京に、世界中から優れた映画が集まり、国内外の映画人、映画ファンが新たな才能とその感動に出会い、交流する場を提供する。

同映画祭において、太賀が出演する映画「淵に立つ」がJapan Now部門、映画「アズミ・ハルコは行方不明」がコンペティション部門にそれぞれ選出。

レッドカーペットでインタビューに応じた太賀は、映画「淵に立つ」の山上孝司を演じるにあたって気を付けた事を聞かれ、「物語の後半に出てくるので、前半の感じを壊さないように、浅野忠信さんから受け継いだバトンでなんとか走りきりました。」と語った。

「第29回東京国際映画祭」は10/25(火)~11/3(木・祝)までの10日間開催し、六本木ヒルズ、港区・EXシアター六本木ほか、都内の各劇場および施設・ホールで様々な企画・イベントを開催する。

■映画「淵に立つ」作品概要
『歓待』『ほとりの朔子』『さようなら』など話題作を世に出し続け、本作で小説家デビューも決定した深田晃司監督による、圧倒的な人間描写で“家族”を問い直す、2016年最大の衝撃作で、第69回カンヌ国際映画祭では「ある視点」部門審査員賞を受賞した。大胆にして緻密なストーリーテリングで観客一人ひとりの想像力と価値観に揺さぶりかける衝撃のドラマ。観る人すべてをタイトル通りの境地へと誘う映画が誕生した。
【映画祭上映日】
10/30(日)13:40~ TOHOシネマズ 六本木ヒルズ SCREEN11
【一般公開】
有楽町スバル座ほか全国公開中

■映画「アズミ・ハルコは行方不明」作品概要
OL安曇春子(28)が失踪した事件の背景と行く末を、“アラサー、ハタチ、女子高生”の三世代の女の子たちの生き方を浮き彫りにしつつ描かれている山内マリコさんの同名小説を原作に、『アフロ田中(12年)』『ワンダフルワールドエンド(14年)』などの松居大悟監督が映画化。アニメーションやプロジェクションマッピングなどを取り入れた、めくるめく映像世界はもちろんのこと、いくつかの異なる時間軸をテンポよく交錯させつつ、笑いと毒、スリルと愛に満ちた、これまでにない青春ストーリーが織り上げられている。
【映画祭上映日】
10/30(日)13:35~ TOHOシネマズ 六本木ヒルズ SCREEN7
11/01(火)14:05~ TOHOシネマズ 六本木ヒルズ SCREEN9
【一般公開】
2016/12/03(土)新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
  • はてなブックマーク
  • シェア

pagetop

page top