shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

岡本杏理 映画「インターン!」完成披露試写会!

岡本杏理出演映画「インターン!」の完成披露試写会が10/11(火)新宿ピカデリーで行われ、キャストと共に岡本が登壇した。

同作は、近年、会社で実際に取り入れられている、大学生向けのビジネス実践型プログラムとして仕事を体験する“インターンシップ”制度をテーマに、ゆとり世代であり優柔不断で自信のないヒロインが、インターンにチャレンジしていく中で、自分の可能性に気づきながら成長していく物語。劇中で描かれているインターンシップは、学生人気トップの実在の企業が採用している制度をもとに描かれており、ヒロイン同様、観客もリアルなインターンの状況を体感することができるようになっている。

大学三年生の川倉晴香(新木優子)は、親友の浜崎真希(岡本杏理)に誘われインターンシップ説明会に行った帰り、車にはねられそうになる。それを助けようとしたのは説明会に登壇していたその企業のCEO牧野正幸(風間トオルさん)だった。病院の集中治療室で目を覚ました牧野は、死神(佐野岳さん)と遭遇し、ベッドに横たわる抜け殻の自分を見せつけられる。死神曰く、交通事故で死ぬ運命だった晴香を助けたことで、牧野が死ぬ運命に変わってしまったと。二人とも助かるには、晴香の未来を変えなければならないと言う死神に、牧野は彼女がインターンで成績優秀者となって入社パスを手に入れれば、未来を変えることができると思いつき、真希に憑依して晴香のインターンをサポートしていくことにする。だが、晴香は真希を無視し自力で課題に取り組んで悪い成績しか取れない。彼女は入社パスを手に入れることはできるのか?

主人公・川倉晴香の親友、浜崎真希を演じる岡本は、「台本をいただく前に今回の役はすごく大変な役になると思うと伺っていて、台本を読んで“なるほどこういうことか”と。今までも個性的な役をやらせていただくことが多かったのですが、さらに新しい挑戦だなと思い、撮影の前は人間観察をしていました。中身が男性ということだったのですが、10代の頃からお世話になっている吉田秋生監督だったので、すごく安心して楽しめました。」と撮影を振り返った。

出来上がった作品を観ての感想を聞かれ、「足が開いてるなと(笑)。撮影の時の感覚と実際に映像で観た足の開き方が全然違って…」と笑顔を見せた。

その後、実際にインターンを経験した来場者から“インターンはとても良かったが、人生で1、2を争うような困難な経験だった。人生で一番修羅場だったのは?”という質問を受け、「9歳の時にお仕事を始めたのですが、その前はバレーボールをやっていて、みんなで全国大会を目指して頑張っていたので、バレーボールをやめるか、お仕事をやるかですごく迷いました。子供だったのですごく悩んで大きな決断だったと思います。最近は1日1日でリセットをするようにしていて、寝る前にその日あったことや悩み、思っていることを必ず考え、少しでも解決できる方法や光を見つけてから寝るようにしています。基本的に寝たらリセットされるのですが(笑)、楽しかったことも辛いことも、考えることでリセットされたり思い出になったりするので、大事な時間にしています。」と自論を展開した。

そして最後に、「出てくるキャラクターの個性が強いので、誰かに感情移入していただき、映画の世界に入って楽しんでいただければと思います。ポスターに“ゆとり世代”とか書いてあって、今日来てくださっている皆さんも同世代の方が多いと思うので、面白かったらSNSとか今の時代だからこそできる広め方をしていただけたら嬉しいです。今日はありがとうございました。」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

映画「インターン!」は11/5(土)シネ・リーブル池袋、シネ・リーブル梅田ほか全国ロードショー!
ぜひ劇場でご覧ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top