shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

市原隼人 映画「ブルーハーツが聴こえる 人にやさしく」公開決定!

市原隼人出演映画「ブルーハーツが聴こえる 人にやさしく」が、4/8(土)より新宿バルト9ほか全国の劇場で公開されることが決定した。

1995年に解散してもなお、ストレートなメロディーとメッセージ性の強い歌詞が大人の心を刺激(魅了)し続けている、伝説のバンドTHE BLUE HEARTS。
同作は、“THE BLUE HEARTS 結成30年”となる2015年を機に、世代を超えて愛される名曲6曲を、日本を代表する人気クリエイター6名がオリジナルの解釈で監督を務めたオムニバス作品となっている。

市原は、下山天監督による「人にやさしく」で主演を務める。
物語の舞台となるのは、遥か未来。
刑務所惑星を目指す囚人護送船を流星群が襲った。彷徨う宇宙船には謎の若い男・女・凶悪兄弟・静かな老紳士…そして看守らのわずかな生存者がいた。銀河の彼方、生存帰還の万策尽きたパニック状況下、生き残った彼らに希望はあるのか─。

市原は、宇宙船でサバイバルを繰り広げる謎の若い男を演じている。

出演にあたり、「ブルーハーツは、僕の青春でありバイブルです。この作品に参加出来た事を、心から嬉しく思います。今の生活や環境から、かけ離れた未来の世界を感じながらの撮影は、独特で貴重な時間を過ごさせて頂きました。また、アクションもお楽しみ下さい。」とコメントを寄せた。

昨年12月より劇場公開のためのクラウドファンディングが実施された同作。
ひとりでも多くの方に同作を届けるため、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて、引き続き2/15(水)まで支援を募っている。

映画「ブルーハーツが聴こえる 人にやさしく」は、4/8(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top