shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

月川翔 監督作品・映画『君と100回目の恋』大ヒット舞台挨拶!

月川翔監督作品・映画『君と100回目の恋』の大ヒット舞台挨拶が、2/12(日)TOHOシネマズ新宿にて行われ、キャストとともに月川が登壇した。

同作は、大学生の日向葵海(miwaさん)を事故から救うため、幼なじみの長谷川陸(坂口健太郎さん)がすべてをかけて何度もタイムリープする物語。監督・月川翔、脚本・大島里美さんが、海辺の街を舞台に、眩いばかりの青春の恋が織りなす光と、その光がうき彫りにする運命という名の影に立ち向かっていく二人を、繊細かつ鮮やかに紡ぎだす。

上映後舞台挨拶に登壇した月川は、映画大ヒットの報告を受け、「本当にこの1週間はエゴサーチばかりしていました(笑)。嬉しいです。何回もご覧になってくださった方もいて、大変感激しております。嬉しい感想をいっぱい拝見しております。今日は最後の舞台挨拶ですが、生で坂口健太郎とmiwaさんを堪能して帰っていただければと思います。」と語った。

監督作品・映画『君と100回目の恋』は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!

【ストーリー】
彼女の運命を変えるため“100回人生”をささげようとした彼と、彼の“1回の未来”を守るため自分の運命を決めた彼女―。
7月31日、誕生日の夜。ライブがうまくいかず落ち込む葵海は事故にあってしまう。しかし、気が付くと葵海は教室にいた。日付は事故の1週間前―。動揺する葵海に、お互いに好きな想いをなかなか伝えられずにいるバンド仲間であり幼なじみの陸が言う。「秘密を教える。俺、時間を戻せる。」葵海の運命を変えるため、陸は時間を遡れるレコードを使い、何度も時を戻していたのだ。「運命を変えられた。葵海はもう死なない。絶対に」想いが通じ合った二人は、恋人として日々をやり直すため1年前に戻る。そして、あの事故の日に失敗したライブをやり直すため、特別なラブソングの製作にとりかかる二人。「お前がどれだけ先走って転びそうになっても、俺がもっと先にいて、お前のこと守るから。」しかし、周囲が羨むカップルとして幸せな日々を送る葵海と陸だったが、陸のタイムリープには葵海への一途な想いとともに重大な秘密が隠されていた―。「葵海のいない未来なんて、俺には意味がない」陸が自分の未来をかけて自分を愛していることを知る葵海に、再び7月31日がやってくる―。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top