shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

北川景子 主演ドラマ「家売るオンナ」スペシャルドラマ放送決定!

北川景子主演ドラマ「家売るオンナ」が、金曜ロードSHOW!特別企画7daysTVスペシャルドラマ「帰ってきた 家売るオンナ」としてスペシャルドラマで復活することが発表された。

同作の主人公は、「わたしに売れない家はない」と、独特の哲学で家を売りまくる天才的不動産屋・三軒家万智。
テーコー不動産に突然現れ、客とその家族が抱える問題に首を突っ込み、時には客を怒らせながらも、常識を打ち破る方法でお客の心を容赦なく解き放ち、人生最大の買い物をある時はダイナミックに、ある時は感動的に演出して売りまくり、ある日、突然会社を去った…。
――あれから2年。今や不動産業界の伝説となった家売るオンナ・三軒家万智が2週間の期間限定バイトとしてテーコー不動産に帰ってくる!

三軒家万智(北川景子)と屋代課長(仲村トオル)がテーコー不動産新宿営業所を去って2年。再び売り上げ不振の窮地に立たされた新宿営業所を救うため、庭野(工藤阿須加)は「サンチー不動産」社長となった万智の元を訪ね、助けを求める。しかし、そこで目にしたのは、まるで家族水入らずといった風情で海岸に佇む万智と屋代、そして万智の腕に抱かれた赤ん坊の姿だった…。ショックを受ける庭野をよそに、翌日営業課に期間限定バイトとして現れた万智は、早速クセのある客に鮮やかに家を売ってみせる。次の日、営業課で着ぐるみに入るバイトをしている怪しい有閑老人・一ノ瀬定男は、現地販売イベントでの万智の営業手腕を見るや着ぐるみを脱ぎ、自分が買うと言い出す。バイトを装って信頼できる不動産屋を見極めていたという定男は、絶縁した娘家族のために同居する家を買ってやり和解したいと語るが、万智は何故か売らないと突っぱねる。怒った定男は、ダメ社員・美加(イモトアヤコ)を使ってある作戦に出るが…。さらに、営業課を訪れた生意気な有名子役と頼りない父親に振り回される庭野、極貧シングルマザーのため奔走するチーフの足立(千葉雄大)も巻き込んで、万智が思いついたエキセントリックな解決法とは!?そして、謎に包まれた万智と屋代の関係、赤ん坊出生の秘密とは!?

昨年7月より放送された連続ドラマに引き続き、主人公・三軒家万智を演じる北川は、「連続ドラマの時から、スタッフ・キャストの間で『もう一度このメンバーで集まれたらいいね』と話していたのですが、連ドラがスペシャルになって戻ってくるのは難しいことなので、実現して本当に嬉しかったです。万智を演じるにあたり、すぐ万智に戻れるのか正直不安だったので、クランクイン前に連続ドラマを見返したりしました。でも、いざ現場に入って、万智のファッションになって共演者の方々とお芝居をしたら体が覚えていて、自然と万智に戻ることができました」とコメント。

さらに、「今回のスペシャルから入っていただいても絶対に楽しめる作品になっています。小さなお子さんにも楽しんでもらえるようなキャラクターたちの“顔芸”や、大人の方に感じていただけるような、人生を歩んでいく上でためになるセリフがたくさん散りばめられています。幅広い方々が楽しめる作品ですので、ぜひご覧になってください。」とPRした。

金曜ロードSHOW!特別企画7daysTVスペシャルドラマ「帰ってきた 家売るオンナ」は、5/26(金)21:00~日本テレビにて放送。
ぜひご期待ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top