shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

中川大志 映画「坂道のアポロン」出演決定!

中川大志が、2018年公開映画「坂道のアポロン」に出演することが発表された。

原作は、2007年11月号から2012年3月まで「月刊flowers」(小学館)にて連載された、人気漫画家・小玉ユキ氏による名作少女コミック。『このマンガがすごい!2009』オンナ編で1位を獲得し、第57回小学館漫画賞一般向け部門を受賞。2012年には、フジテレビ深夜アニメ枠「ノイタミナ」でアニメ化され、本格的なジャズサウンドが話題を呼んだ人気原作が、音楽をモチーフにした映画を数多く手掛けてきた三木孝浩監督の手により、待望の実写映画化となる。

長崎県・佐世保市。高校1年生の西見薫(知念侑李さん)は、父を亡くし親戚の暮らすこの町へと引っ越してきた。優等生で周囲に心を閉ざしがちな薫だったが、“札付きの不良”と恐れられるクラスメイト・川渕千太郎(中川大志)と心優しいクラスメイト・迎律子(小松菜奈)との出会いが彼を変えていく。初めてできた親友、初めての片思い、千太郎を通じて知ったジャズの魅力…。海辺の街を舞台に、切ない恋と、胸を打つ友情、そして音楽がまぶしく交錯する。

中川は、学校一の荒くれ者で、“札付きの不良”と恐れられる、薫のクラスメイト・川渕千太郎を演じる。

ジャズに情熱を注ぎ込みドラムを豪快に叩き鳴らす千太郎を演じるため、昨年7月より練習を開始。小学生の頃に1年だけドラムを習ったものの、ジャズ・ドラムは未経験だったため、初回の練習から数回に渡り、ジャズ・ドラムの基礎を覚えたという。その後の楽曲練習では、その場で習ったフレーズをすぐに叩けるという驚異の上達を見せ、さらに電子ドラムを自ら購入し、家での自主練も欠かさないという気合いの入り方だ。

出演にあたり中川は、「初めて『坂道のアポロン』に出会った時、エネルギッシュで情熱的なジャズ、儚く、繊細な人間関係に、一気に心を奪われました。僕自身、元々音楽が好きだったので、役を通して音楽も表現出来るこの作品に参加出来る事がとても嬉しいです。」とコメント。

さらに、「千太郎の叩く、力強く語りかけてくるようなドラムを、スクリーンで思いっきり表現出来るよう全力で臨みたいと思います。優しくて、真っ直ぐで、孤独だけど力強く生きる千太郎を、魂を込めて演じたいと思います。」と意気込みを語った。

映画「坂道のアポロン」は2018年全国ロードショー!
ぜひご期待ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top