shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

藤本泉 映画「猫忍」初日舞台挨拶!

藤本泉出演映画「猫忍」が5/20(土)公開初日を迎え、角川シネマ新宿で行われた舞台挨拶に藤本が登壇した。

同作は、2014年に猫と時代劇という異色のコラボが大いに話題となり、大ヒットを記録した「猫侍」のスタッフたちが再集結、「猫×忍者」をテーマに、ゆとり系忍者とメタボ猫、そして奇奇怪怪な面々が壮大なロケーションの中、いまだかつてない笑いと癒しの大旋風を巻き起こす時代劇。

時は、泰平―。霧生忍者の久世陽炎太(大野拓朗さん)は、忍び込んだ屋敷で、生き別れた父そっくりのデブ猫(金時)に遭遇。なぜかその猫が、秘伝【変化の術】で化けた父・久世剣山(船越英一郎さん)だと思い込んでしまった陽炎太。青年は、父を元の姿に戻さんと抜忍となり【秘伝の巻物】を探す旅に出る。だが、抜忍となった陽炎太を追う霧生忍者の魔の手はすぐそこに迫っていた…。

藤本は、霧生の里のくの一で、陽炎太の幼馴染・燕を演じる。

今年1月より放送されたドラマ版の、その後のストーリーを描いた同作。藤本は、「本日お越しいただいた皆様で、ドラマからご覧いただいている方も多いと思います。この作品の最大の見どころは、父上が父上なのか、という謎が解けるところ。また、金時が本当にカワイイのと、映画版では(新たな)子猫が登場します。猫たちの素のやりとりが癒されるシーンになっているので、楽しみにしていただきたいです。」と見どころを語った。

この日は、テレビや雑誌でも取り上げられ話題沸騰中、撮影当時、体重約8.5キロあったというオヤジ猫“金時”も登場。大野さんが金時を抱きかかえながら客席を練り歩くイベントも実施され、癒したっぷりの舞台挨拶となった。

映画「猫忍」は、角川シネマ新宿ほか、大ヒット公開中!
ぜひ劇場でお楽しみください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top