shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

常盤貴子 ドラマスペシャル「松本清張 鬼畜」出演決定!

常盤貴子が12/24(日)放送されるドラマスペシャル「松本清張 鬼畜」(テレビ朝日系)に出演することが発表された。

同作は、松本清張氏が実話をもとに1957年に執筆した作品で、善良な人間の心に悪魔が生まれる瞬間と親子の絆を描き、読者の胸の内を深くえぐった傑作短編小説「鬼畜」のドラマ化。1978年に映画化、2002年にはドラマ化もされ、センセーショナルな物語と深い人間ドラマが日本中を震撼の渦に巻き込んだ。

物語の主人公は、小さな印刷会社を営む竹中宗吉。妻・梅子と共に真面目に働いてきたが、経営が軌道に乗ると宗吉は、愛人・菊代を囲うようになり、3人の子どもまで生ませる。しかし、事業につまずいて仕送りが滞ると、菊代は宗吉の家に子どもたちを連れていき、自らは失踪。それをきっかけに、宗吉の運命は崩れていく…。
いったいなぜ、善良で心やさしい人間だった宗吉の心に、“鬼畜”が生まれたのか…!?
現実に追い詰められて哀れにも身を落としていく男と、ただひたすらに父を思い、信じ続ける息子。“人間の業”をまざまざと見せつけながらも、その根底に確かに存在する、せつなくも深い親子愛を浮かび上がらせていくー。

常盤は、宗吉の妻・竹中梅子を演じる。宗吉のためにと昼夜を問わず働き、事業の成功を支えてきた梅子。しかし夫の裏切りを知り、冷酷な女に変貌を遂げ、宗吉をじわじわと追い詰めていくという役どころだ。

ドラマ化にあたり常盤は、「今の時代に『鬼畜』を制作しようとする勇気にシビレました。和泉監督の演出によって生まれた、新たな『鬼畜』にブルッとしました。」とコメント。

主人公・竹中宗吉を演じる玉木宏さんについて、「2017年の締めくくりにやってくれるなぁ、と。梅子も梅子だけれど、宗吉さん、そら、無茶苦茶ですよ、と。玉木さんは、いつもやさしくしてくださったのに、役柄ゆえ、あまりお話することもかなわず、次はコメディーとかでお会いしたいなぁと本気で願った!!」と話した。

宗吉の愛人・菊代を演じる木村多江さんとの修羅場のシーンがあるが、「多江さんはもともと大好きな女優さんなので、気兼ねなく思い切り胸を借りることができました。お芝居を御一緒するのは久しぶりだったのですが、やっぱり楽しかった。」と撮影を振り返りながら語った。

そして最後に、「クリスマスイヴに何故、『鬼畜』!?ま、そんなクリスマスイヴがあってもいいのかも。お友達同士で集まって、ワイワイと肝試し気分で怖さに盛り上がっていただけたら☆」とPRした。

ドラマスペシャル「松本清張 鬼畜」は12/24(日)21:00~テレビ朝日系にて放送。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top