shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

北川景子 映画「響 -HIBIKI-」完成披露試写会!

北川景子出演映画「響 -HIBIKI-」の完成披露試写会が8/28(火)TOHOシネマズ六本木にて行われ、監督・キャストと共に北川が登壇した。

同作は、2014年より「ビッグコミックスペリオール」(小学館)にて連載開始と同時に人気が爆発し、「マンガ大賞2017」の大賞を受賞した柳本光晴さんによる大人気漫画「響~小説家になる方法~」の映画化。
圧倒的な才能を持ち、自分の感覚に正直に生きる15歳の天才女子高生小説家・鮎喰響を軸に、周囲の人々の心の葛藤を描いた人間ドラマが交錯する。

スマートフォン・SNSの普及により、活字離れは急速に進み、出版不況の文学界。
そこに現れた一人の天才少女、彼女の名は『響』。
15歳の彼女の小説は、圧倒的かつ絶対的な才能を感じさせるもので、文学の世界に革命を起こす力を持っていた。
文芸誌「木蓮」編集者の花井ふみとの出会いを経て、響は一躍世の脚光を浴びることとなる。
しかし、響は、普通じゃない。彼女は自分の信じる生き方を絶対曲げない。
世間の常識に囚われ、建前をかざして生きる人々の誤魔化しを許すことができない。
響がとる行動は、過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家など、様々な人に計り知れない影響を与え、彼らの価値観をも変え始める。
一方、響の執筆した処女作は、日本を代表する文学賞、直木賞・芥川賞のダブルノミネートという歴史的快挙にまで発展していく。

上映前に行われた舞台挨拶にて北川は、「平手(友梨奈)さん演じる響という天才的な女子高生作家と、アヤカ(・ウィルソン)ちゃん演じる凛夏というこちらも秀才の女子高生作家を担当する編集者の花井ふみを演じました。撮影期間中は若い二人と一緒にやらせていただき、自分も初心に戻るというか、より頑張ろうと刺激をもらいました。今日は皆さんに作品をお届けできるのがとても嬉しいです。」とコメント。

平手さんとの共演について、「クランクインの前に月川(翔)監督とアヤカちゃんと、ひーちゃん(平手)と4人での顔合わせがあって、その時はお互い緊張していたのですが、撮影が始まってからは響だなと思いましたし、私自身、無理にふみにならなくてもお芝居をしていて自然とふみになれました。凛夏ちゃんとの関係性も同じで、みんなが役に合っていたのかなと思います。」と振り返った。

さらに、同作のキャッチフレーズが“この天才、ヤバい。”であることから、平手さんの“ここは凄い、ヤバい”と思ったところを聞かれ、「カメラの前に立ってお芝居が始まった時に目の色が変わってグッと集中しているように見えたり、響というキャラクターをたくさん研究してきたように見えるのに、“そういう感覚はないです”とか“スイッチが入った感覚はない”と言うんです。それが凄いなと。私は一生懸命役に入ろうとしたり、必死に集中しているのに、それを自然にやられているのが凄いと思います。」と絶賛した。

映画「響 -HIBIKI-」は9/14(金)公開。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top