shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

山﨑賢人 映画「夏への扉 ―キミのいる未来へ―」初日舞台挨拶!

山﨑賢人主演映画「夏への扉 ―キミのいる未来へ―」が6/25(金)公開初日を迎え、TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた舞台挨拶に山﨑が登壇した。

同作は、1956年にアメリカで発表されて以来、色褪せぬ名作として世界中で愛される伝説的なSF小説「夏への扉」(著:ロバート・A・ハインライン)を初実写映画化。舞台を日本に再構築し、1995年から2025年へ時を超え、人生のすべてを奪われたロボット科学者が未来を取り戻す冒険物語として描かれる。

将来を期待される科学者の高倉宗一郎は、亡き養父である松下の会社で研究に没頭していた。ずっと孤独だった宗一郎は、自分を慕ってくれる松下の娘・璃子と愛猫ピートを、家族のように大切に思っていた。しかし、研究の完成を目前に控えながら、宗一郎は罠にはめられ、冷凍睡眠させられてしまう。目を覚ますと、そこは30年後の2025年の東京――。宗一郎は、研究もピートも、すべてを失い、璃子が謎の死を遂げていたことを知る。愕然とする宗一郎だったが、人間そっくりなロボットの力を借り、未来を変えるために動き出す。璃子を絶対救うという、信念とともに。

山﨑は、孤独な科学者・高倉宗一郎を演じる。騙され奪われた研究の結晶ともいえるロボットや会社、大切な人を30年の年月を超えて取り戻しにいく。

上映前に行われた舞台挨拶に登壇した山﨑は、「無事公開を迎えることができて嬉しく思います。すごくポジティブになれる映画ですので、皆さん楽しんでいただければと思います。よろしくお願い致します。」と挨拶。

同作に共感した部分、影響を与えられた部分を問われると、「この作品の“諦めなければ失敗じゃない”というメッセージが、すごく大事なメッセージだと思っていて、宗一郎の中でこういう未来になるという想定がついていても、今起きている出来事に対して一生懸命に人を説得したりする部分に共感しました。上手くいくと思っていても、気を抜いたりサボったりするのは駄目だということ、今を一生懸命にやっていかないといけないんだと共感しながらやっていましたし、演じていて楽しかった部分でもありました。」と語った。

同作の副題「―キミのいる未来へ―」にちなんで、見てみたい未来を聞かれると、「映画の未来がどんなものになっているのか気になります。(今も)IMAXとかMX4Dとかあるじゃないですか。今後は映画の中に入れちゃったりするのかなとか、どんな映画体験ができる未来になっていくんだろうとワクワクしています。」と話し、理想の映画の未来については「映画の中に入っちゃうとストーリーが変わってしまうので(笑)、リアルなところですと、360度がスクリーンで席も回っちゃうとか。匂いも良いですね。土の匂いとかオイルの匂いとか。そんな未来があったらワクワクしますね。」と妄想を膨らませていた。

そして最後に、「無事公開を迎えることができて本当に嬉しいです。映画は出来上がったものを観てもらって初めて意味を持つというか、観ていただいた方がポジティブな気持ちや温かい気持ちになったり、何かに気付いたりしてもらえたらいいなと思っているので、久しぶりにお客さんと対面することができて本当に嬉しいです。この作品のタイトルは、どんな逆境でも真冬でも夏への扉を探すという意味があって、(僕自身もこの映画の)諦めないでとにかく前向きに進んでいくというメッセージや、自分の信じた道を真っ直ぐに進んでいたら色々な人が助けてくれたり、支えてくれるところが素敵だなと思っています。これは映画作りにも通じることで、色々な人の力で1つの作品が出来上がるんだなと感じました。そういう風に頑張っていたら最高のサプライズが待っていると思いますので、皆さんにもサプライズが訪れる日がきますように願っています。今日はありがとうございました。」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

映画「夏への扉 ―キミのいる未来へ―」は、大ヒット公開中!
ぜひご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top