shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

中川大志 映画「犬部!」初日舞台挨拶!

中川大志出演映画「犬部!」が7/22(木・祝)公開初日を迎え、TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われた舞台挨拶に中川が登壇した。

同作は、片野ゆか著「北里大学獣医学部 犬部!」(ポプラ社刊)原案。2004年頃に青森県十和田市にある北里大学(十和田キャンパス)に実在した動物保護サークル“犬部”。設立した獣医学部の学生をモデルにした主人公の、仲間たちと共に動物を守ろうと奮闘した過去と、獣医師となって一人で新たな問題に立ち向かう現代という二つの時代構成で、かつての“犬部”の仲間たちを再び巻き込んで、信念を曲げずに突き進む奮闘を描く。

中川は、主人公・花井颯太の相棒で心優しい同級生・柴崎涼介を演じている。

上映後に行われた舞台挨拶に登壇した中川は、「本日は初日からお越しいただき、ありがとうございます。ようやく皆さんに受け取ってもらえる日がきて胸がいっぱいです。今日は楽しんでください。よろしくお願いします。」と挨拶。

撮影で印象に残っているシーンを問われると、「柴崎が外で具合を悪くして倒れるシーンです。設定としては真冬の夜だったのですが、撮影は真夏で、めちゃくちゃ暑い中でダウンを着ている状態で倒れて、犬たちが心配して囲んでくれるという。四方八方が犬だらけで、あんなに犬の温度を全身で感じたのは初めてだったので、暑かったですが、犬好きにとってはたまらない経験でした。」と笑顔で振り返った。

柴崎にとっての花井はどういった存在だと捉えたか問われると、「1番近くで見ている分、誰よりも颯太の力や才能を感じていて、どこか叶わないなと認めている部分というか、憧れでもあり嫉妬でもありみたいなところがもあって、だからこそ自分にしかできないことはなんだろうと考えさせてくれる存在なのかなと思います。」と語った。

映画「犬部!」は、TOHOシネマズ日比谷他全国公開中!
ぜひご覧ください。

【STORY】
青森県十和田市に、一人の変わり者がいた。花井颯太(林遣都)22歳、獣医学部の大学生。子どもの頃から大の犬好きで、一人暮らしのアパートには保護動物がぎっしり。周りからは変人扱いされても、目の前の命を救いたいという一途な想いで保護活動を続けていた。ある日颯太は、心を閉ざした一匹の実験犬を救ったことから、ひとつでも多くの命を救うため、動物保護活動をサークルにすることを思いつき「犬部」を設立。颯太と同じく犬好きの同級生・柴崎涼介(中川大志)らが仲間となり動物まみれの青春を駆け抜け、それぞれの夢に向かって羽ばたいていった。颯太はひとつでも多くの命を救うため動物病院へ、そして柴崎は動物の不幸な処分を減らすため動物愛護センターへーー。
「犬部」から16年後。獣医師となっても一途に保護活動を続けていた颯太が逮捕されたという報道をうけて、開業医として、研究者として、動物愛護センターの一員として、それぞれの想いで16年間動物と向き合ってきたメンバーたちが再集結するが、そこに柴崎だけがいなかった……。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top