shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

小松菜奈 映画「恋する寄生虫」女性限定試写会トークイベント!

小松菜奈W主演映画「恋する寄生虫」の女性限定試写会トークイベントが、10/14(木)グランドシネマサンシャイン 池袋にて行われ、林遣都、柿本ケンサク監督と共に小松が登壇した。

同作は、新鋭作家・三秋縋の「恋する寄生虫」を原案に、孤独な2人が「虫」によって「恋」の病に落ちていく、臆病者たちの切なくも美しい“恋×虫”ラブストーリー。
運命か、偶然か、それとも虫の仕業か―――今までに味わったことのないような異色のラブストーリーが幕を開ける。

極度の潔癖症で人と関わることができずに生きてきた青年・高坂賢吾(林遣都)。ある日、見知らぬ男から視線恐怖症で不登校の高校生・佐薙ひじり(小松)と友だちになって面倒をみてほしい、という奇妙な依頼を受ける。露悪的な態度をとる佐薙に辟易していた高坂だったが、それが自分の弱さを隠すためだと気づき共感を抱くようになる。世界の終わりを願っていたはずの孤独な2人はやがて惹かれ合い、恋に落ちていくが———。

この日は、映画でキーポイントとなる“クリスマスイブ”の約束にちなんで、ひと足早いクリスマスツリーが用意された。小松は、「今日はイベントにお越しくださりありがとうございます。今日はクリスマスツリーがあって、一足先に皆さんとクリスマスを過ごすいい時間にしたいです。よろしくお願いします。」と挨拶。

この日用意されたクリスマスツリーは、映画に登場する寄生虫・フタゴムシをイメージしたオーナメントが装飾されたツリーとなっており、「クリスマスツリーを見て、今年はあっという間だったなと思いました。小さいころは、あんなにもワクワクして、サンタさんを見なきゃと思って夜更かしをしたりしました。でも結局サンタさんが来るのが遅くて寝てしまって見れなくて…というクリスマスを過ごしていました。」と幼少期の思い出も交えて話した。

その後、映画公式Twitterで募集した一般の方からの悩みに答えるコーナーが行われた。“虫が苦手。どうしたら虫に恋することができるか?”というお悩みの回答中に“蚊が止まってもこの血を吸って生きているんだと思って殺さない”という林に対し、「優しいコメントの後に心苦しいのですが、血を吸われているので容赦なくいきます。」と話すと共に、「虫は好きにならなくてもいいのではないかと思います。苦手なものはみんなありますし、私も好きな虫と苦手な虫がいます。大丈夫です!みんな、嫌いなものはあります。」と答えた。するとMCから“ゴキちゃんが来たら?”と聞かれ、「とんでもないですよ。シューです。」とユーモアを交えて話し、会場の笑いを誘った。

また、“人の前で話すと緊張して10分に1回は噛んでしまう。噛まないコツは?”という悩みには、「私は緊張するタイプなので、この現場でもでしたが、緊張して一生言えないのではないかと思うくらいセリフが飛んでしまったことがあります。コツは…私は素直に“緊張しています!”と前もって言って、ここぞというポイントだけはしっかり話そうと決めて話すようにしています。」と答えた。

さらに、“幼馴染の同性の女の子がずっと好き。気持ちを伝えてしまったら友達にも戻れないかもと不安になる。このまま隠し通すべきか、思い切って気持ちを伝えるべきか?”という悩みに対し、「自分がモヤモヤしているのならば、少しずつでも伝えたほうが納得がいくと思いますし、その先に何か答えが出せると思います。傷つくことがあったとしても成長できる第一歩だと思うので、自分のペースで進んでください。」とエールを送った。

最後のお悩みとして、“写真を撮られるのが苦手。自然な表情を出すコツは?”という相談が読み上げられ、「お仕事をしていても慣れません。取材で遣都さんと一緒に写真を撮っていただくときに、“向かい合って見つめ合ってください”とか言われるんです。取材をしているときは役ではないので照れくささがあって、“どうしよう。ハハハ”の笑いを撮ってもらっています。」と話した。

そして最後に、「イベントにお越しいただきありがとうございました。また、視聴してくださっている皆さんもありがとうございました。今日は皆さんのお悩みに、いち意見ではありますが一緒に悩むことができて、いい時間でした。生きていれば悩みが尽きることはないですし、私も悩むことはあります。きっとみんな違ってみんないいと思います。この映画も生きづらさ、弱さを抱えている二人が惹かれ合って模索しながら一人の人として立っている姿がスクリーンに映し出されていると思います。ぜひ楽しんでください。」とメッセージを送った。

映画「恋する寄生虫」は、11/12(金)全国ロードショー!
ぜひご期待ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top