shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

山下リオ 舞台「ダブリンキャロル」出演決定!

山下リオが12月上演の舞台「ダブリンキャロル」に出演することが発表された。

原作は、アイルランドを代表する作家、コナー・マクファーソン氏(「海をゆく者」「堰」)が描く、人生を踏み外した男のクリスマス・イヴの物語。

クリスマス・イブの午前中。外は雨。
舞台はダブリンにある葬儀屋のオフィス。ジョン(首藤康之さん)はこの葬儀屋の主人のノエルが病気になってしまったため、彼に代わってこの葬儀屋を取り仕切っている。マーク(小日向星一さん)はまだ二十歳の若者でノエルの甥。アルバイトで葬儀屋の手伝いをしている。そこに仕事を終えたマークとジョンが戻ってくる。ジョンは10年前に家族を捨て、酒に溺れていた。そんなジョンを助けてくれたのがノエルだった。マークを相手に自分の過去を語り出すジョン。どれだけ自分がダメな男だったのかを・・・。そんな午後、ジョンの娘・メアリー(山下リオ)が10年ぶりにジョンを訪ねてくる。母親、つまりジョンの妻が癌で入院しており、ジョンに会いたいと言っているという。さらにジョンはメアリーの突然の来訪によって、蓋をしたはずの自分の過去と対峙することになってしまった。果たしてジョンは妻に会いに行くのか・・・。

山下は、家族を捨てた主人公・ジョンの長女・メアリーを演じる。

出演にあたり山下は、「太陽が昇っては沈み、また夜が訪れる。
そうやって一日、また一日と、時間は平等に進んでいきますが、
それが長いと感じたり、短いと感じるのは、世界人口の分だけ、
その一日にストーリーがあるからなのではと思います。
この物語は、ある男性の一日が描かれています。
男性は、2人の人物と会話する中で、心が揺れ動いていく。
台本を読みながら、他人の一日を覗き見しているような罪悪感を感じつつも、
いつのまにか感情移入し、私自身の一日に影響を及ぼされる、
不思議な感覚になりました。
海外の戯曲は初めてなので、今から緊張していますが、
一日一日の稽古を大切にお芝居できたらと思います。」とコメントを寄せた。

舞台「ダブリンキャロル」は、12/3(金)〜12/9(木)東演パラータにて上演。
ぜひご覧ください!

★STARDUST WEBにてチケット先行予約受付決定!
【受付期間】2021年10月22日(金)12:00~10月25日(月)18:00
※本受付は先着順ではございません。抽選による先行受付となります。
※お1人様1公演につき、2枚までお申込みいただけます。複数公演をご希望の場合は、各公演ごとに複数回に分けてお申込みください。
※お申込みには、STARDUST WEB有料会員登録が必要です。

■STARDUST WEBチケット先行予約の詳細はこちら
https://fc.stardust.co.jp/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top