shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

永野芽郁 映画「そして、バトンは渡された」大ヒット御礼舞台挨拶!

永野芽郁主演映画「そして、バトンは渡された」大ヒット御礼舞台挨拶が11/4(木)新宿ピカデリーで行われ、田中圭さんとともに永野が登壇した。

同作は、2018年2月発売直後より、感動傑作との多数の反響が大きな話題を集め、累計発行部数100万部を突破している本屋大賞受賞の感動作「そして、バトンは渡された」の映画化。

血の繋がらない親に育てられ、4回も苗字が変わった森宮優子(永野芽郁)は、わけあって料理上手な義理の父親、森宮さん(田中圭)と2人暮らし。今は卒業式に向けピアノを猛特訓中。将来のこと、恋のこと、友達のこと、うまくいかないことばかり…。一方、梨花(石原さとみ)は、何度も夫を替えながら自由奔放に生きている魔性の女。泣き虫な娘のみぃたん(稲垣来泉)に目いっぱい愛情を注いで暮らしているようだったが、ある日突然、愛娘を残して姿を消してしまった。そして、優子の元に届いた一通の手紙をきっかけに、まったく別々の物語が引き寄せられるように交差していく。「優子ちゃん、実はさ…。」森宮さんもまた優子に隠していた秘密があった。父が隠していたことは? 梨花はなぜ消えたのか? 親たちがついた<命をかけた嘘><知ってはいけない秘密>とは一体何なのか。
2つの家族がつながり、やがて紐解かれる≪命をかけた嘘と秘密≫。物語がクライマックスを迎え、タイトルの本当の意味を知ったとき、極上の驚きと最大の感動がとめどなく押し寄せる-。

上映前に行われた舞台挨拶に登壇した永野は、「今日は最初で最後の、森宮さんと2人の舞台挨拶になるので、最後まで楽しみたいと思います。よろしくお願いします。」と挨拶。

周りの反響を聞かれると、「友人から連絡があって“泣きすぎてマスクがびしょびしょだから、替えをちゃんと持っていけばよかった”と言われて、友だちでも泣いてくれるんだなと嬉しかったです。母からも電話がかかってきて、本当に泣いたんだなという声で、“泣きました…”と言っていて、すごく嬉しかったです。」と明かした。

最後に、「映画を通して何か皆さんの心を温めたり、愛情を受け取ったり渡すことが、あらためてすごく素敵なものだということが届いていたらいいなと思います。この映画を観た皆さんの心が素敵で温かいものでありますように。今日はありがとうございました。」とメッセージを送った。

映画「そして、バトンは渡された」は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top