shadow

prev

next

ニュースNEWS

EVENT

板垣李光人 貝印が考える『環境』『未来』『より良い暮らし』PRイベントに出席!

板垣李光人が、11/8(月)に都内で行われた「貝印が考える『環境』『未来』『より良い暮らし』PRイベント」に出席した。

“いい刃の日”にちなみ開催された同イベント。
板垣は淡いグリーンのフォーマルなスーツに、ばっさりカットした爽やかな新ヘアスタイルで登場。「“いい刃の日”にこのようなイベントに登壇させていただき光栄です。本日はよろしくお願いいたします。」と挨拶。

“いい刃”との出会いについて聞かれると、板垣は「一人暮らしを最近はじめて、包丁だったり、鋏だったり、爪切りだったり、いろいろ刃物もそろえていくなかで、そこまで最初はこだわってなかったのですが、貝印さんの包丁と爪切りをいただいたらクオリティオブライフが格段にあがりました。」と明かした。

ウェルビーイング(幸福で肉体的、精神的、社会的に満たされた状態)をテーマにトークを展開。
ウェルビーイングという言葉をはじめて聞いたという板垣は、今日勉強できたらとコメント。実際にウェルビーイングという考え方について聞くと、「シンプルな意味ではあるけどすごく大事なことだし、自分にとっても身近に感じました。ウェルビーイングという言葉を知らないうちに、自分でも意識していたんだなと説明を聞いて思いました。」と語った。

幸せを感じる瞬間について問われると「ファッションやメイク、芝居とか自分の思ったままに表現している瞬間は、自分が解放されていると感じます。」と笑顔をみせた。

あったらいいなと思うビューティーツールを問われると「先が交換できるメイクブラシ」と答え、遠藤浩彰社長から「すぐにでも商品化できそう。サステナブルに対しての意識も取り込まれている」と絶賛されていた。

今日のファッションのポイントについて板垣は「全体的にフォーマルですが、(シャツの)フリンジで遊び心を入れつつ、普段イヤリングをあまりしないんですけど、貝印さんは刃物が素敵な会社ということでシルバーのイヤリングを付けています。色も落ち着いた、秋を感じられるようなものです」と明かす。

前向きでポジティブな気持ちになるためのカルチャーについては、「芝居やファッション、趣味で絵を描いたりなど、色々手広く表現をしているので、色んなものから幸せをもらっているのですが、一番好きな服を着ているときが快感。今は真面目な格好ですが、今日は私服の方が派手なので(笑)自分の好きな服を来ている時が一番です。服を買いにいくのが一番のストレス発散だったりするので」とコメント。

最後に、「今日こうして、僕が知らなかったウェルビーイングという考え方に出会うことができましたし、イベントに登壇させていただいて自分の考えを話したり、皆さんの考えを聞くと、より環境・未来のことを考えるきっかけになりました。冒頭でも話しましたが、僕自身、一人暮らしを始めていい刃物と出会って生活の質が上がると、自然と自分の気持ちだったり、インナービューティーも上がってくるなと改めて感じました。」と語り、イベントを締めくくった。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top