shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

松雪泰子 PARCO PRODUCE 2021 音楽劇「海王星」フォトコール&初日前会見!

松雪泰子出演、PARCO PRODUCE 2021 音楽劇「海王星」のフォトコール&初日前会見が12/6(月)PARCO劇場で行われた。

同作は、寺山修司さんが「天井桟敷」結成前、1963年に書いた未発表の音楽劇の舞台化。
出港しない船上ホテルを舞台に繰り広げられる、父と息子と父の婚約者をめぐる、甘く哀しい祝祭劇で、詩的な音律で彩られた言葉、想像力をかきたてられる魅惑的で怪しい登場人物によって繰り広げられる世界は、まさに「寺山ワールド」の原点ともいえる作品だ。

舞台は、戦艦の船底にある「北海岸ホテル」。
嵐で船出を先延ばしにされた怪しげな人々が集まり、かりそめのパーティーに興じている。
主人公・猛夫は一人落ち込んでいる。父、彌平の乗る船が嵐で難破し死んでしまったのだ。
悲しむ猛夫のもとに、父と再婚し、義母となるはずだった魔子が現れる。
彌平の思い出を語り合う内に惹かれ合う猛夫と魔子、しかし、死んだはずの彌平が、生還したことにより、悲恋へと舵を切る。恋仇となった仲の良い親子、さらに猛夫を慕う那美と悪魔的少女そばかすの存在が、3人の恋慕を悲劇的に加速させる。そして、魔子の心は揺れるまま、彌平との結婚式を迎える。物語は、この 5人を軸に、ブルースを唄う老婆や昆虫採集の少女たちなど寺山修司的な登場人物が現れ、様々な心情を唄い踊り、物哀しい祝祭劇を彩っていく。

松雪は、主人公・猛夫の父・彌平の婚約者、魔子を演じる。

フォトコール後の会見に登壇した松雪は、「寺山修司さんの作品でミュージカルプレイの原点ともなる作品がこの『海王星』ということで、そういったことを心に置きながら稽古に入ったのですが、眞鍋(卓嗣)さんはとても繊細に演出なさる演出家さんですので、我々はそこに準じまして、とにかく丁寧に作り上げていったという印象です。私のバディである猛夫さん・山田裕貴君と二人でとにかく繊細に緊張感を切らさずに、最後まで劇の中で私たちは愛を表現していくというのが大きな役割ですので、そのことに集中していきたいなと思っています。また、今までご覧になった寺山修司さんの作品とはまた違った印象を受け取っていただける豊かな作品になれるよう、我々一同これから初日を迎えたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。」とコメントした。

PARCO PRODUCE 2021
音楽劇「海王星」は、12/6(月)~12/30(木)までPARCO劇場にて、2022年1月、大阪・富山・仙台・青森・名古屋にて上演予定。
ぜひお楽しみください!

★公式サイト:https://stage.parco.jp/program/kaiousei
  • はてなブックマーク

pagetop

page top