shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

横浜流星 映画「流浪の月」初日舞台挨拶!

横浜流星出演映画「流浪の月」が5/13(金)公開初日を迎え、TOHOシネマズ日比谷で行われた舞台挨拶に、監督・共演者らと共に横浜が登壇した。

同作は、2020年本屋大賞を受賞し、同年の年間ベストセラー1位(日販単行本フィクション部門、トーハン単行本文芸書部門)に輝いた凪良ゆうによる傑作小説が原作。
9歳のときに誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗(広瀬すずさん)、その事件の“加害者”とされた当時19歳の青年・佐伯文(松坂桃李さん)。いつまでも消えない“被害女児”と“加害者”という烙印を背負い、息を潜めるように生きてきた2人。誰にも打ち明けられない秘密をそれぞれに抱えたまま、15年後に再会した2人が選んだ道とは-?
恋愛、友情、家族愛……そんな既存の言葉では括れない、限りなく稀有な2人の関係性をスクリーンに描き出すのは、デビュー以来そのエモーショナルで骨太な作風で観客の心を鷲掴みにしてきた『悪人』『怒り』などの李相日(リ・サンイル)監督。更に本作には、『パラサイト 半地下の家族』『バーニング』『哭声/コクソン』『母なる証明』など韓国映画史に残る作品を次々手がけてきた撮影監督・ホン・ギョンピョさん、『キル・ビル Vol.1』『ヘイトフル・エイト』『不夜城』『三度目の殺人』など世界を股にかけて活躍する美術監督・種田陽平さんら、国境を越えた才能が集結する。

横浜が演じるのは、家内更紗の婚約者・中瀬亮。更紗を愛しながらも、彼女の過去を受け止め切れず自分を見失ってしまう、生々しい“人間”を感じさせる役どころとなっている。

上映前に行われた舞台挨拶に登壇した横浜は、「本日はお越しいただき、ありがとうございます。短い時間ですがよろしくお願いします。」と挨拶。

中瀬亮を演じるにあたって、撮影前に準備したことを問われると、「この作品を観る方は、更紗と文の目線で観ると思うので、亮は嫌な奴に見えるかもしれないのですが、自分がちゃんと亮の一番の良き理解者で、亮を愛して生きていこうという風に思っていました。あとは、更紗を真っ直ぐに愛すこと。役作りをしていく中でも、本当に贅沢な時間を監督が設けてくださったので、更紗と亮の関係が作れて感謝していますし、幸せな現場でした。自分の中で変わったことは自分自身わかっていないのですが、この作品以降、作品や役への向き合い方はより強くなりました。」と語った。

撮影時に誕生日を迎えた横浜にサプライズのお祝いがあったという話題が挙がると、「文と更紗が大事なシーンを撮っていて、僕は待っている状況でしたが、急遽1シーン追加するということで、嬉しいなと思いながら現場に行きました。監督から(2人のところに)押し掛けてきてゴミ箱を投げつけるという演出をいただいて、結構攻めるなと思いながらも嬉しかったので、意気込んで段取りに入ったら、ゴミ箱の中にプレゼントが入っていて、もちろん嬉しいのですが、ワンシーン追加はないんだという残念な気持ちもあって、不思議な気持ちになりました(笑)。」と回想。プレゼントの中身を聞かれると、「バカラのグラスをいただいたので、それにお酒を入れて飲んでいます。」と明かした。

映画「流浪の月」は、全国公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!

<ストーリー>
雨の夕方の公園で、びしょ濡れの10歳の家内更紗に傘をさしかけてくれたのは19歳の大学生・佐伯文。引き取られている伯母の家に帰りたがらない更紗の意を汲み、部屋に入れてくれた文のもとで、更紗はそのまま2か月を過ごすことになる。が、ほどなく文は更紗の誘拐罪で逮捕されてしまう。それから15年後。“傷物にされた被害女児”とその“加害者”という烙印を背負ったまま、更紗と文は再会する。しかし、更紗のそばには婚約者の亮がいた。一方、文のかたわらにもひとりの女性・谷が寄り添っていて…
  • はてなブックマーク

pagetop

page top